【一挙にご紹介】2020年に登場予定の新しいモデル 5月分 後編

公開 : 2020.04.29 18:50

ポールスター1やポルシェ 718 GTSなど、昨年に続き、今年も魅力的な、注目の新しいモデルがたくさん登場します。今回は5月分の後編を、写真と共にまとめて一挙にご紹介します。ぜひお楽しみください。

もくじ

メルセデス・マイバッハGLS
ポールスター1
ポルシェ 718 GTS
セアト・レオン
スズキ・スイフト・スポーツMHEV/SX4 SクロスMHEV/ビターラMHEV
ユニティ・ワン
ボクソール・コルサe
ボクソール・インシグニア/インシグニア GSi

メルセデス・マイバッハGLS

GLSの大型SUVは、ベントレー・ベンテイガに対抗する、新しいスタイリングの超高級モデルとして生まれ変わる。

22インチホイールを標準装備するGLSは、48Vの電気システムに接続されたターボチャージャー付き4.0L V8エンジンを搭載した、マイルドハイブリッドとなる。

メルセデス・マイバッハGLS
メルセデス・マイバッハGLS

インテリアに採用されたナッパレザーや、4シート向けの車内冷蔵庫のオプションなど、ラグジュアリーなインテリアにも重点が置かれている。

ポールスター1

ボルボから派生したパフォーマンスブランドから、609psを発揮する、フラッグシップのハイブリッドクーペ限定モデルが投入される。

3つの電気モーターと、2.0Lターボチャージャーとスーパーチャージャーが付いたエンジンが組み合わされ、最大トルクは101.8kg-m、0-97km/h加速は4.2秒を実現する。

ポールスター1
ポールスター1

販売価格は14万ポンド(1860万円)。

今後3年間で1500台が製造され、左ハンドルのみで提供される。

ポルシェ 718 GTS

ポルシェ 718ケイマン/ボクスターに、自然吸気エンジンを搭載した、レンジトップのGTSが追加され、6気筒エンジンが復活すると言われている。

これにより、米国マーケットにおける、4気筒のポルシェスポーツカーに対する不満を解消することが出来るだろう。

ポルシェ 718 GTS
ポルシェ 718 GTS

詳細はまだ確認されていないが、718ケイマンGT4および、718ボクスター・スパイダーの新しい4.0Lエンジンのファミリーに、関連付けられたモデルとなるだろう。

セアト・レオン

発売から7年間、クラスのトップを走ってきた現行レオンの次期型が登場する。

セアトの成功を支えるモデルの新型は、最新のVWゴルフをベースにしており、その技術の多くを共有している。

セアト・レオン・クプラR 現行モデル
セアト・レオン・クプラR 現行モデル

また、8代目ゴルフの戦略に従い、現行モデルよりも、さらに洗練された、オールラウンドな改善を提供する。

スズキ・スイフト・スポーツMHEV/SX4 SクロスMHEV/ビターラMHEV

スズキは、48Vの電気アーキテクチャを備えた統合スタータージェネレーターを、ホットハッチとクロスオーバーに追加する。

これにより燃費を最大20%改善し、CO2排出量も削減される。

スズキ・スイフト・スポーツMHEV
スズキ・スイフト・スポーツMHEV

残念ながら、パワーは低下し、スイフト・スポーツよりも0-97km/h加速が1秒遅くなり、価格は上昇するとのことだ。

ユニティ・ワン

スウェーデンのEV新興企業、ユニティは、ワンを個人のカスタマーだけでなく、フリートモビリティソリューションとして、企業にも販売するという大きな目標を掲げている。

わずか1万5000ポンド(200万円)で、マクラーレンF1のような3シートレイアウトと、最高速度120km/hを実現し、重量はわずか600kgとなっている。

ユニティ・ワン
ユニティ・ワン

トップモデルの、最大航続距離は300km。

英国ノーフォークで設計、製造がおこなわれる。

ユニティのトップは「軽量で安全なクルマを作ることを目標としています。英国のエンジニアは、その点で世界一でしょう」と述べている。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事