【意外に信頼できるスーパーカー】ロータス・エスプリ・ターボ 英国版中古車ガイド

2020.05.29

専門家の意見を聞いてみる

ポール・クラグストン UKスポーツカーズ代表

「これまで数え切れないほどのロータス・エスプリに乗り、販売してきました。素晴らしいクルマです。しっかりメンテナンスしてあれば信頼性は高く、16万km以上でも問題なく走れます」

ロータス・エスプリ・ターボ(英国仕様)
ロータス・エスプリ・ターボ(英国仕様)

「ただ、流石にそこまで走れば、サスペンションやブレーキのオーバーホールが必要です。リビルトされたエンジンは、オリジナルほどスムーズではない場合も。オイルの消費量にも注意したいですね」

「ステアリングに違和感がないことも、確認したいポイント。パワーステアリングは1994年から標準装備となりました。私のお気に入りは、S4とS4 S、GT3です」

知っておくべきこと

英国のロータス・エスプリ・ワールドというサイトでは、エスプリの売買や所有に関する、有用な情報が得られる。モデルによる入手のし安さや信頼性、試乗する際の注意点なども詳しく載っている。

健全なエスプリと修理が必要なクルマとの、試乗時の感じ方の違いなどは、購入前に目を通しておきたい。

いくら払うべき?

8000ポンド(106万円)〜1万7999ポンド(239万円)

初期の状態の良いエスプリ・ターボが英国では見つかる。オークションでなら、お得に買える場合も。

1万8000ポンド(240万円)〜2万2999ポンド(304万円)

英国では、12万8000km以下の走行距離で、状態の良いクルマが見つかる。

2万3000ポンド(305万円)〜2万9999ポンド(399万円)

1989年以降のターボSEで、走行距離は9万6000km前後。S4とS4 Sは、この価格帯の終わりの方から出てくる。

3万ポンド(400万円)〜3万4999ポンド(464万円)

かなり状態の良い、S4とS4 S、GT3。

3万5000ポンド(465万円)以上

レアで低走行距離のクルマ。コンクール・コンディションのエスプリ・ターボも。

 

人気記事