【詳細データテスト】 BMW M8 サーキットでは秀逸 公道では乗り心地に改善の余地あり

公開 : 2020.06.14 08:50

BMW Mの最高峰、しかもトップグレードのM8コンペティションは、サーキットでの車重を感じさせない走りがみごと。しかし公道に出ると、限界性能を削っても、もう少し乗り心地を高めてほしいと思わされるクルマでした。

もくじ

はじめに
意匠と技術 ★★★★★★★★☆☆
内装 ★★★★★★★★☆☆
走り ★★★★★★★★★☆
使い勝手 ★★★★★★★★★☆
操舵/快適性 ★★★★★★★☆☆☆
購入と維持 ★★★★★★☆☆☆☆
スペック
結論 ★★★★★★★☆☆☆

はじめに

いまやBMWには、Mのプリフィックスを掲げるモデルが数多く揃う。今回のM8もそのひとつだ。しかし、通常モデルの高性能版であるMパフォーマンスとは異なり、正統のMモデルである。

BMWのホームページを開いて、Mの文字をクリックすると、そこには20台以上のモデルが並ぶ。ウェブサイトというものが存在しなかった頃まで遡れば、せいぜい数台止まりだったのだが。

M8だけをとってみても、2ドアと4ドアのクーペにコンバーティブルと、3つのボディタイプが用意される。また、英国で販売されるのはコンペティション仕様のみだが、市場によってはベースグレードも用意される。

その中でも今回のM8コンペティション・クーペは、8シリーズのMモデルの中でも、もっとも自然でトラディッショナルではないだろうか。堅固な固定ルーフボディの2ドアで、最新のMモデルらしいハイパワーなエンジンを積んでいるのだから。

最高出力は625psで、駆動方式は4WDだが、スイッチを正確に操作すれば後輪駆動にも切り替えられる。いささかスイッチは多めだ。

12万3470ポンド(約1729万円)という価格設定は十分に高額だが、さらにさまざまな有償オプションも用意されている。テスト車は、本体価格に2万ポンド(約280万円)ほど上乗せされた仕様だ。

この価格帯であれば、比較対象は数多い。ポルシェ911にはじまり、ベントレー・コンチネンタルGTやアストンマーティン・ヴァンテージまでよりどりみどりだ。そんな中で、M8のグランドツーリング・クーペとしての実力は、どの程度の位置付けとなるのだろうか。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事