【詳細データテスト】 BMW M8 サーキットでは秀逸 公道では乗り心地に改善の余地あり

公開 : 2020.06.14 08:50

内装 ★★★★★★★★☆☆

大型セダンに迫る全長を持つ8シリーズだけに、広々した室内を期待するかもしれない。たしかに前席はゆとりがあるものの、全体的に見ればそんな予想は裏切られる。

後席にひとが座れないわけではないとはいえ、大柄な乗員が運転席の背後に収まるのは難しい。結局のところ、2+2にすぎないのだ。

BMWらしく文句なしのドライビングポジションは、長距離走行も快適。リアシートの満足感はそれよりだいぶ劣るが、911のそれに比べればずっといい。
BMWらしく文句なしのドライビングポジションは、長距離走行も快適。リアシートの満足感はそれよりだいぶ劣るが、911のそれに比べればずっといい。

だが、このクラスでは必ずしも珍しい話ではないし、あの911の後席の窮屈さに比べればずっと快適だ。そうはいっても、期待しすぎるのは禁物だ。

トランク容量は420L。開口部は、おなじみの尺度でいうなら、ゴルフバッグの出し入れに問題がないほど広く取られている。

少なくともフロントには、余裕を持ってふたりが座れる。各部が電動調整式のシートは、仕上げが豪華なうえに、融通が効く。横方向のサポートもしっかりしていて、長距離乗っていても快適だ。

運転環境はBMWらしいもの。ドライビングポジションのアジャスト幅は広く、円形のステアリングホイールは手前へかなり引きつけられる。シートとペダルの位置関係はストレート。すべてが、低く伸びやかなGTカーにはピッタリだ。

かつては、この心強さを覚える真っ正直なアプローチは、主要ではない操作系やダイヤルなどにも及んでいた。大きな2眼メーターや、それが司る機能がくっきりと記されたいくつかのボタンしかなかった頃のことだ。

しかし最新のBMWには、それより多くの操作系や、ドライバーが気を配るべき機能が備わっている。セレクターレバーとiDriveコントローラーの横には、走りに関するセッティングを行う多数のボタンがズラリと並ぶ。

それは、リムの太いステアリングホイールも同様だ。さらには、ショートカットボタンがふたつ用意されており、好みのセッティングを2種類記憶させておくことができる。

当然ながら、慣れてしまえばより楽に扱えるようになるし、それについてはメルセデスAMGよりかなり好ましい。とはいうものの、やはりもう少しシンプルなインテリアのほうが望ましいと思える。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

BMWの人気画像