【フラット4なポルシェたち】ポルシェ912と914、912E 見直される価値 前編

公開 : 2020.06.14 07:20  更新 : 2020.12.08 11:04

プアマンズ・ポルシェと冷やかされたこともあった、フラット4を搭載したポルシェ。近年は個性や魅力が見直され、正当な評価を得つつあります。クラシックとして大切にされる、912と914、912Eの3台に試乗しました。

フォルクスワーゲンの存在が大きいフラット4

text:Jack Phillips(ジャック・フィリップス)
photo:Will Williams(ウィル・ウイリアムズ)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
先入観を持たずに、一度ポルシェ912を見てほしい。シュツットガルトのスポーツカー・メーカーは、4気筒エンジンを搭載したケイマンとボクスター導入したのだから。

ランボルギーニやアルファロメオ、マセラティ、アストンマーティンにポルシェ、そして間もなくフェラーリも、高級SUVが収益を支える。新しいSUVが、ブランドの間口を広げたのだ。

青のポルシェ912とマルーンのポルシェ912E
青のポルシェ912とマルーンのポルシェ912E

同じ意味で初代911のエントリーグレードも、軽視すべきモデルではない。ターゲット層を拡大するというテーマで誕生したのが、4気筒のポルシェだ。

いま筆者の前には、青のポルシェ912とオレンジの914、マルーンの912Eという3台が停まっている。今までで一番、この3モデルが輝いて見える。本物のポルシェではないと、一部の人からは批判的な見られ方をされてきたクルマたちだ。

いずれも、本物のエンスージアストが大切に乗っている。英国で見つけることができる、最も熱烈なフラット4ポルシェのファンかもしれない。

この頃のフラット4ポルシェは、フォルクスワーゲンの存在が大きい。冷やかされてきた理由でもあり、そのことが隠されてきた側面もある。

しかし今では、50年以上に渡って築いてきた、強い絆がある。今回のように、オーナー同士を結びつけてもいるのだ。

ポルシェ912は、そもそも902を名乗る予定だった。1964年のパリ・モーターショーでプジョーが商標権を主張しなければ。先代モデルとなる356と、新世代の911とを組み合わせたモデルといえるだろう。

356と911との間に生まれた912

ポルシェというブランドを生み出し、初めての名声を獲得した356。これまでにない成長をポルシェに与えた911。4気筒のポルシェの計画は、当初から存在していた。6気筒エンジンの901(911)と4気筒の902(912)の開発は、同時に進められていた。

量産段階へと912の開発が進むと、実験的な新しい2.0Lのフラット4はお預けとなった。旧モデルとなるポルシェ356C用の616型エンジンが、大量に残っていたためだ。

ポルシェ912(1965年−1969年)
ポルシェ912(1965年−1969年)

このエンジンは1582ccのソレックス・ツインキャブで、91psを発生させた。10年前の1955年、356Aに初搭載されてから変わらずの、古いユニット。ポルシェにとっては主力エンジンでもあった。

1964年、当時のモーター誌の記事にはこう書いてある。「フォルクスワーゲンを起源とし、精彩に欠くユニットではないものの、際立つものでもない」 ポルシェのエンジニアが改良を加えていない部分は、ほとんどなかった。

一方の、914 1.7は違う。2メーカーのコラボとして、1969年に生まれたモデルだ。81psの排気量1.7Lフラット4が、新しいポルシェ製シャシーへ搭載された。基本的にフォルクスワーゲン・タイプ4の後ろに乗っていたユニット、そのままだった。

ポルシェはその後エンジンへ手を加え、ボアを広げストロークを伸ばした。排気量を1971ccに拡大し、1970年の914 2.0だけでなく、北米専用モデルとなる1976年の912Eにも搭載した。ちなみにEとは、フュエル・インジェクションを示すドイツ語の頭文字だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ポルシェの人気画像