【あばたもえくぼ】愛すべき欠陥車 問題を抱えたクラシックカー21選

公開 : 2020.09.06 05:50  更新 : 2021.03.05 21:42

時として、クラシックカーには致命的な欠陥を持つモデルもあります。沼地のように腐ったボディや塗装の劣化など、メーカーの信頼性を損ねて売上に影響を与えることもしばしば。整備士泣かせの複雑な構造も含め、ご紹介します。

品質管理の成功と失敗

translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

クラシックカーといえば、風変わりなものや奇抜なものが当たり前だ。

しかし、一部のクラシックカーは別のレベルの問題を抱えている。

ジャガーXJS
ジャガーXJS

燃えやすいボディから、整備士が悲鳴を上げるブレーキまで、その名を口にするだけで広報部門が震え上がるほどの悪名高い欠陥を抱えた、名誉あるクルマがいくつも存在する。

ブレーキが故障したりサスペンションが壊れたりしたとしても、それ以上に走りが良かったり、風変わりだったり、可愛らしかったりして、つい許してまうクルマもある。

いずれにしても、事故を起こしやすいものから完全に腐ったものまで、有名な欠陥のあるクラシックカー21台をご紹介する。

1. モーリス・マイナー

見事なパッケージングで、運転していて楽しく、そして長く愛せるモーリス・マイナーには1つの大きな弱点があった。

それは、トラニオンと呼ばれるフロントサスペンションのスタブアクスルスピンドルに定期的に注油しておかないと、フロントサスペンションがせん断して前輪が外れてしまうことだ。

オーナーの中には、この注油を怠っていた人もいて、結果的にマイナーはボロボロになってしまったである。

2. オースチンミニ

マイナーと同様に、ミニもまた、エンジニアリングの天才アレク・イシゴニス卿によって生み出された。

Aシリーズのエンジンを横向きにしてトランスミッションをサンプに詰めて前輪を駆動させることで、驚くほどのスペース効率を実現したが、雨が降ったときにはディストリビュータ、キャップ、リード線がフロントグリルの後ろに隠れてしまうため、ミニは失火して沈黙してしまう。

オースチン・ミニ
オースチン・ミニ

3. ヒルマン・インプ

軽合金製のリアエンジン、優れたハンドリング、広々としたインテリアを備えたこのミニは、世界中で愛されるはずだった。

しかし残念なことに、製造品質の悪さ、定期的に吹き飛ぶガスケット、漏れる空気式スロットル、落ち葉が吸気口を塞ぐと発火するバンモデルのおかげで、インプは悪名高い犬になってしまったのだ。

ヒルマン・インプ
ヒルマン・インプ

4. ヴォグゾールPAクレスタ

ジュークボックス、テールフィン、ラップアラウンドガラスを備えたクレスタは、見た目は素晴らしく世俗的で、操作性はまるでプリンのようだったが、セールスマンに愛される快適なツーリングカーだった。

工場を出てからわずか数時間後に錆びてしまうまでは、そうだった。

ヴォグゾールPAクレスタ
ヴォグゾールPAクレスタ

60年代初期の多くのヴォグゾール車のように、このクルマも完全な腐った箱だったので、PAはほとんど残っていない。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

シトロエンの人気画像

×