【コロナ禍なのに】クルマの売れ行き、悪影響が最小限で済んだ背景 過去4年の平均と今年の実績を比較

公開 : 2020.12.29 08:25  更新 : 2021.10.09 23:42

結論、2020年の国内自動車販売は、コロナ禍にもかかわらず、悪影響は最小限でした。クルマの価値が見直され、注目車が「豊作」だったことが背景です。

実際に売れている? 過去4年比較

text:Kenichi Suzuki(鈴木ケンイチ)

2020年の日本の経済は、コロナ禍という厄災で大打撃を受けた。4月から5月にかけては、緊急事態宣言が発令され、誰もが自宅で息を潜めるような生活を送った。

外に出ないのであるから、観光やイベント、外食産業といったところは、当然にひどい目にあっている。では、自動車産業はどうなのか。

昨年は秋に消費税の増税という、例年にないイレギュラーなマイナス要因があった。そこで過去の月販の販売の平均をとって過去の販売実績と今年の販売実績を見比べる。
昨年は秋に消費税の増税という、例年にないイレギュラーなマイナス要因があった。そこで過去の月販の販売の平均をとって過去の販売実績と今年の販売実績を見比べる。

欧州では自動車メーカーの向上操業停止が3月から4月にかけて1か月以上という長期間に及んでいる。

一方、日本の場合、自動車メーカーの操業停止は、幸いなところ、ごく限定的なもので済んだと言えるだろう。

しかし、問題はクルマの売れ行きだ。実際のところ、どれだけ売れたのか。いや、売れなかったのか。

そこで、過去の販売実績と今年の販売実績を見比べてみたいと思う。

どれだけの差があったのか数字で見るのだ。

ただし、昨年は秋に消費税の増税という、例年にないイレギュラーなマイナス要因があった。そこで過去の月販の販売の平均をとって、それと比較してみたい。

数字は、一般社団法人 日本自動車販売協会連合会が公開している2016年からの4年分だ。数字には登録車だけでなく、軽自動車の販売数も含まれる。

新車販売を見比べると秋からプラス!

一般社団法人 日本自動車販売協会連合会が公開している2016年からの4年分の月ごとの月販新車販売台数の平均と、今年の実績を比較したのが、以下の表となる。

1月や2月は、例年よりも少し少ないかなという90%台で推移するも、3月、4月、5月と急落。5月は例年比59%という、ひどい数字となった。

日本自動車販売協会連合会が公開している2016年からの4年分の月ごとの月販新車販売台数の平均と、今年の実績を比較した表。
日本自動車販売協会連合会が公開している2016年からの4年分の月ごとの月販新車販売台数の平均と、今年の実績を比較した表。    鈴木ケンイチ

ちょうど、政府による緊急事態宣言の時期と重なっている。家を出られないのだから、クルマを買いにいくこともできず、売れ行きが悪化するのは、当然のことだろう。

ところが、驚くことに6月から回復傾向になり、10月は例年比プラスを記録。

去年の10月はというよ、消費税が10%に増税され、買い控えがあったこともあり、例年よりも販売台数は少なかった。

しかし、2020年10月は、消費税増税の2019年10月を上回るだけでなく、過去4年の平均さえも抜き去ったのだ。これは驚きだ。

ちなみに、2020年10月の「乗用車ブランド通称名別順位」を見ると、1位はヤリス、2位ライズ、3位ルーミーとなっている。

ヤリスは、8月末に派生となるSUVのヤリス・クロスを投入した直後であるし、ルーミーも9月にマイナーチェンジを実施している。

それ以下のランキングでは、4位がカローラ、5位はアルファード、6位はハリアートヨタが続き、7位でようやくホンダのフィットがランクインしている。

トヨタがずらりと並ぶ。トヨタの力、おそるべし!

そして、11月も例年並みの販売を記録。12月の例年並みであれば、トータルで例年比89%となる。

どうやら、今年の新車販売の痛みは最小限に済んだと言えるだろう。

コロナ禍でありながらも、減少が1割で済んだというのは、思いがけない幸いだ。

では、中古車の販売はどのように推移したのだろうか。

記事に関わった人々

  • 鈴木ケンイチ

    Kenichi Suzuki

    1966年生まれ。中学時代は自転車、学生時代はオートバイにのめり込み、アルバイトはバイク便。一般誌/音楽誌でライターになった後も、やはり乗り物好きの本性は変わらず、気づけば自動車関連の仕事が中心に。30代はサーキット走行にのめり込み、ワンメイクレースにも参戦。愛車はマツダ・ロードスター。今の趣味はロードバイクと楽器演奏(ベース)。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

シトロエンの人気画像