【小さくてスポーティ】ミニ・コンバーチブル(1) 長期テスト 夏を楽しむオープン

公開 : 2021.08.29 09:45

登場から7年が経過し、アップデートを受けたミニ・コンバーチブル。楽しさは変わらないままなのか、英国編集部が長期テストで確かめます。

初回 小さくカッコ良く、性能はスリリング

執筆:Kris Culmer(クリス・カルマー)
翻訳:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
「オシャレなヘアスタイリストだったっけ?」。英国グランプリで一緒になった同僚から、派手なイエローのミニへ乗っている様子に冗談をいわれてしまった。

このクルマは何しろ目立つ。多くの人が、それぞれ何かしら意見を抱くだろう。「凄くカッコイイね」。「とても気に入った」。という反応から、「色が少し残念」。といったものまで、筆者が実際に聞いた内容も様々だ。

ミニ・コンバーチブル・クーパーS エクスクルーシブ DCT(英国仕様)
ミニ・コンバーチブル・クーパーS エクスクルーシブ DCT(英国仕様)

信号待ちをしていると、興味深げに見られていることも少なくない。正直、筆者はこのクルマが大好きだ。他人がどう考えているのか、気にしようと思わないほど。

見た目は素晴らしいし、サイズもコンパクト。ゼスティ・イエローというボディカラーも気に入っている。せっかく楽しいクルマなのだから、派手なボディカラーを選びたい。

長期テスト車のミニ・コンバーチブルは、活発なクーパーと、熱々のジョン・クーパー・ワークス(JCW)の中間に位置するクーパーS。スリリングさを味わえるパフォーマンスに、機敏な操縦性が組み合わされている。

フロントに載るエンジンは、BMW X1からトヨタGRスープラまで、様々なモデルに手を加えて登用される2.0Lの4気筒ターボ。クーパーSでは、178psの最高出力を発揮する。

前輪駆動で、トランスミッションは6速マニュアルも英国では選べる。だが長期テスト車に組まれているのは、ステアリングホイールにシフトパドルが付く、7速デュアルクラッチATだ。

沢山のオプションで装備は充実

新しいミニ・コンバーチブル・クーパーSの英国価格は、2万5080ポンド(386万円)から。上級グレードのエクスクルーシブを選択すると、2万7665ポンド(426万円)へ上昇する。

今回のクルマもエクスクルーシブ。ミニによれば、細部までこだわるラグジュアリーなクルマ好き、をターゲットとしているという。

ミニ・コンバーチブル・クーパーS エクスクルーシブ DCT(英国仕様)
ミニ・コンバーチブル・クーパーS エクスクルーシブ DCT(英国仕様)

フロントバンパーとボンネット中央に開けられたエアインテークや、リアバンパーのセンターから顔を覗かせるツインエグゾーストが特徴。ミニ・コンバーチブルを、ヤル気ある雰囲気に仕立てている。

インテリアでは、ナッパレザーのステアリングホイールに電動のレザー・スポーツシート、アルミニウムのトリムパネル、色が変化するアンビエントライトなどが、英国仕様のエクスクルーシブとして追加されている。

ほかにも、6275ポンド(96万円)相当のオプションがふんだんに載っている。多くが、パッケージでの指定となっていた。

ナビゲーション・プラスには、8.8インチのナビ内蔵インフォテインメント・モニターに、ヘッドアップ・ディスプレイ、コネクテッド機能、ワイヤレス・スマートフォン充電機能が付いてくる。

コンフォート・プラスでは、電動フォールディング・ミラー、リアカメラ、前席中央のアームレスト、前席のシートヒーター、オートエアコンなど快適装備が追加される。また、駐車アシストと前後のパーキングセンサーも備わる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×