【4心臓の見事な調律】フェラーリSF90 ストラダーレへ試乗 1000psのPHEV 前編

公開 : 2021.10.25 08:25  更新 : 2021.10.26 15:15

過去最もエクストリームな公道用フェラーリが、英国へ上陸。英国編集部が1000psのトリプルモーターPHEVを一般道で解き放った印象とは。

悪魔的に速い1000psのPHEV

執筆:AUTOCAR(オートカー)
翻訳:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
この最新のフェラーリを1か月運転して慣れたとしても、右足で踏むペダルを、一般道でフロアまで倒せる機会は訪れないかもしれない。少なくとも英国では。

SE90 ストラダーレには触れるべき点が多い。ミドシップのフェラーリとして初の四輪駆動だし、真っ当なプラグイン・ハイブリッド(PHEV)・システムも搭載している。そして何より、最高出力は4桁の1000psを達成している。

フェラーリSF90 ストラダーレ・アセット・フィオラーノ(英国仕様)
フェラーリSF90 ストラダーレ・アセット・フィオラーノ(英国仕様)

そんな桁違いの馬力をすべて開放せずとも、SF90はとてつもなく速い。悪魔的に。AUTOCAR好例の詳細テストも追ってご紹介できる予定で、英国のテストコース、MIRAでのタイムや中間加速などを確認すれば、衝撃的な速さを実感していただけると思う。

まずは一足先に、英国のストラダーレ、一般道で走らせた印象をお伝えしたい。

SE90 ストラダーレは非常に複雑なクルマでもある。それ故に値段も高い。英国価格は37万5000ポンド(5812万円)から。クーペもスパイダーも限定生産ではないが、価格はラ・フェラーリ級といっていい。

製造は、F8 トリブートや812 スーパーファストと同じラインで行われるという。手間のかかるコンポジット・タブ構造を採用しないことが、その理由だそうだ。

今回試乗したSF90はさらに高価で、約4万ポンド(620万円)もするアセット・フィオラーノ・パッケージが組まれていた。F1マシンのサプライヤーでもあるマルチマティック社製の固定レート・ダンパーと、チタン製スプリングが装備されるサーキット仕様だ。

24km走れるEVモードはフロントモーターで

通常のSF90ならマルチモード・ダンパーが組まれ、ドライバーに優しいバンピー・モードも選択できる。だが、この試乗車では選べない。

チタン製エグゾーストに、カーボン製のドアパネルも付いてくる。これでも不足を感じるドライバーのために、好戦的なリアスポイラーで武装もされる。巨大なガーニーフラップが生む力で、気流を確実に制御することができる。

フェラーリSF90 ストラダーレ・アセット・フィオラーノ(英国仕様)
フェラーリSF90 ストラダーレ・アセット・フィオラーノ(英国仕様)

とはいえ、SF90で最も関心が集まるのはPHEVのパワートレインだろう。エンジンは8000rpmまで回るF8 トリブートの4.0L V8をベースに、2基のターボチャージャーを低い位置に結合。燃料インジェクションを改良するなど、チューニングしてある。

このV8エンジンとデュアルクラッチATとの間には、1基の駆動用電気モーターが配されている。厚み72mmしかないという、アキシャルフラックスと呼ばれるタイプのモーターだ。

さらにフロントアクスルには、円柱形の駆動用モーターが2基載っている。左右の前輪を、それぞれ受け持つために。

SF90を穏やかに運転する際、ささやくように静かな発進を賄っているのが、フロントの駆動用モーター。EVモードでの走行可能距離は24kmと短いものの、広くない市街地なら、普段は極めて騒々しいクルマでありながら礼儀正しいマナーも得られる。

難しい話はこのくらいにして、運転してみよう。乗り味は、現代的なミドシップ・フェラーリのものに似通っていた。先進的な側面が加わっているけれど。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

フェラーリSF90ストラダーレ試乗の前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

フェラーリの人気画像