ランチア・デルタ・インテグラーレ EVとしてWRX参戦決定 仏GCKより2022年

公開 : 2021.11.24 06:25

伝説的なラリーカーであるランチア・デルタが、2022年の世界ラリークロス選手権にEVとして参戦します。

最高出力690psの電気モーター搭載

フランスのレーシングチームであるGCKモータースポーツは、2022年の世界ラリークロス選手権(WRX)に参戦する完全電動のモデルとして、初代ランチア・デルタ・インテグラーレを採用した。

同チームは、既存のレストモッド車両である「エクスクルーシブeデルタ」をラリークロス用にアレンジして参戦する。

GCKデルタ・エボE
GCKデルタ・エボE

GCKデルタ・エボEと名付けられたこのマシンは、来年のWRXに参戦する全車両と同様に、クライゼル・エレクトリック社のキット「RX1e」を採用し、最高出力690ps、最大トルク89kg-mを発生させ、「F1よりも速い、目を見張るような加速」を実現する。

1988年から1992年にかけて、デルタはFIA世界ラリー選手権で8回のタイトルを獲得した。しかし、ラリークロスでは同じレベルの成功を収めることはできず、1988年にブルーノ・サビーがデルタS4を改造してフランスのWRXで2位を獲得したのが最高実績だった。

GCKはこれまで、プロドライブ製のルノーをWRXに投入しており、2019年のチーム最高位は4位だった。

各チームの充電用電力も供給

GCKの社長であり、元ラリークロスドライバーであるゲラン・チシェリは、次のように述べている。

「ランチア・デルタ・インテグラーレを選んだのは、わたし達に夢を与えてくれたクルマだからです。当時最も素晴らしいラリーカーであったことは間違いありませんし、今でも非常に人気のあるクルマです」

GCKデルタ・エボE
GCKデルタ・エボE

「GCKモータースポーツにとって多忙な1年になるでしょう。チーム全員がこの挑戦を楽しみにしています」

GCKは、WRXに参戦する全車両向けに電力を提供することも明らかにした。太陽エネルギーと「グリーンエネルギー・ネットワークから収集した電力」を組み合わせて、ラリーに参戦する全車両を充電するための電力を供給する予定だ。これにより、WRXは「国際的なモータースポーツの中で最も環境に配慮した種目の1つになる」という。

チシェリ社長は、「現在、モータースポーツは大きな変革期を迎えており、その影響はすべての業界に及んでいます。この変化の一端を担うことが、我々の日々のモチベーションにつながっています」

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ランチアの人気画像