スコダ・シティジェット・コンセプトを公開

公開 : 2014.05.24 21:40  更新 : 2017.06.01 02:12

来週行われるフォルクスワーゲン・ヴェルターゼ・フェスティバルで、スコダはデザイン学校が作成した2シーターの習作、シティジェットを公開する。

このモデルは、シティゴをベースにオープントップ化し、大きなリア・スポイラーとデュアル・エグゾースト、そして16インチ_ホイールとブルーの2トーン・ボディ・カラーが特徴だ。

エンジンは75psの1.0ℓガソリンが搭載され、パフォーマンスは0-100km/h加速が13.9秒、トップスピードは170km/hだ。

インテリアが、シティゴ・スポーツに準じるが、ホワイトのアクセントの入った赤い本革が使われるトリムが装備される。この他、音楽に反応して点灯するLEDライトニング・システムを備えたオーディオが取り付けられる。

このシティジェット・コンセプトは、16人のメンバーからなるデザイナーの卵達が、昨年11月から関わってきたモデルである。

ちなみに、今年のフォルクスワーゲン・ヴェルターゼ・フェスティバルは、5月28日から31日までの4日間開催される。フォルクスワーゲン・グループから多くのコンセプト・モデルが出展される予定で、昨年はスコダ・ラピッド・スポーツやフォルクスワーゲン・デザイン・ビジョンGTIなどが出展されている。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事