1965年のル・マン・レーサーを復刻 ビッザリーニ5300 GT リバイバルへ試乗 限定24台

公開 : 2022.04.21 08:25

911 GT3と同等のパワーウエイトレシオ

パワフルで軽量で、重心位置は低い。ボディは滑らかで、いかにも空気をスムーズに流しそうだ。世界中の関心を集めてもおかしくないパッケージングといえた。フェラーリフォードと同じくらいの事業予算があれば。

ビッザリーニは多くのクルマのデザインを手掛けていたにも関わらず、自身のクルマを成功裏に終わらせることはできなかった。1969年、事業は停止してしまった。

ビッザリーニ5300 GT リバイバル(欧州仕様)
ビッザリーニ5300 GT リバイバル(欧州仕様)

そうだとしても、ビッザリーニ5300 GTはイタリアン・デザインとアメリカン・メカニズムとが融合した、素晴らしいマリアージュにある。大排気量のV8エンジンを搭載していながら、車重は1200kgを切っている。

パワーウエイトレシオは、最新のポルシェ911 GT3に引けを取らない。つまり、非常に速い。

オリジナルへの忠実さにも抜かりはない。公式にFIAのヒストリック・レースのレギュレーションをクリアするために必要なことは、ボディをカーボンファイバー製からグラスファイバー製へ置き換えることくらいだ。技術力の高いRML社なら、可能だろう。

着座位置は低い。背もたれの倒れたシートは、シャシー中央よりだいぶ後ろ側。主要なメーターは、ダッシュボードの助手席側に並んでいる。

シボレー社製のエンジンは、1965年と同じように、4基のウェーバー・キャブレターで息を吸う。いかにもなアメリカンサウンドが、イタリアンな美しいボディを包み込む。ジャニス・ジョプリンがパフォーマンスしているようだ。

最新技術が活かされた製造品質

アクセルペダルを倒すと、猛烈に加速を始める。挙動の予想は若干難しい。ボルグワーナー社製の4速MTは、まだプロトタイプだからか少しぎこちない。しかし、シャシーは見事に機能している。

この時代のパワフルなFRモデルは、盛大にリアタイヤが滑ることが珍しくない。それはそれで楽しいのだが、ビッザリーニ5300 GTはそこまでだらしなくはない。

ビッザリーニ5300 GT リバイバル(欧州仕様)
ビッザリーニ5300 GT リバイバル(欧州仕様)

コーナーへ侵入していくと、アンダーステアが抑え込まれていることに気付く。シャシーの反応はニュートラル。出口に向かって右足へ力を込めると、息を呑むほど強力なトラクションで応えてくれる。

パワフルなエンジンと、最新技術が活かされた素晴らしい製造品質とが折り重なり、ドライバーの欲求を刺激してくる。現代のレーシングカーを数多く手掛けてきたRML社だからこそ、といえる仕上がりだと思う。

現代に蘇ったビッザリーニ社の担当者は、5300 GTはこれから登場するであろうモデルの、1例に過ぎないと話していた。どんなクルマが復活するのか、楽しみでならない。

1960年代の、最も優れたロードカーでありレーシングカーの1台を忠実になぞった、ビッザリーニ5300 GT リバイバル。ブランドのリスタートは、完璧に切られたといえそうだ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    アンドリュー・フランケル

    Andrew Frankel

    英国編集部シニア・エディター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

おすすめ記事

 

レストモッドの人気画像