刺激控えめの「大人」デザインに 欧州ベストセラーSUV、改良で内外装を一部変更

公開 : 2023.11.22 06:25

・韓国ヒョンデの人気中型SUV、ツーソンが改良を実施。
・やや控えめな外観とすっきりとしたインテリアを採用。
・欧州では同クラス最多販売SUVに。改良新型は2024年発売へ。

韓国の主力SUV、改良でマイルドな表情に

韓国の自動車メーカーであるヒョンデは、ミドルサイズSUVのツーソン(Tucson)の改良新型を発表した。2024年に欧州や米国で発売される予定だ。

ツーソンは2004年から販売されているモデルで、第4世代となる現行型は2020年に登場した。今回の改良では内外装のデザインを一新し、従来よりもやや控えめな外観となった。

ヒョンデ・ツーソン
ヒョンデ・ツーソン    ヒョンデ

エクステリアとしては、新しいフロントグリルとヘッドライトを採用し、フロントとリアにワイド感を演出するスキッドプレートを装着。アルミホイールのデザインも変更されている。

インテリアでは、インフォテインメント・タッチスクリーンとインストゥルメント・ディスプレイが1枚の曲面パネルに統合された。ステアリング・ホイールも、よりすっきりとした形状となった。

センターコンソールも整理され、さまざまな機能を操作できるハプティック・コントロールが新たに採用されたが、走行中も扱いやすいよう物理的なコントロールも残されている。センターコンソール前の収納スペースも拡大された。

パワートレインの変更についてはまだ発表されていないが、ガソリンエンジン、ハイブリッド、PHEVが引き続き設定される見込みだ。既存のパワートレインはすべて、最高出力150psの1.6L 4気筒エンジンが中心となっており、最上位グレードでは267psを発生する。

ツーソンは2022年、欧州で15万803台を販売し、主要ライバルであるフォルクスワーゲンティグアントヨタRAV4フォード・クーガを抑え、同クラスのSUVとしては欧州ベストセラー車となった。米国でも約17万5000台を販売位している。

現行型ツーソンの英国価格は3万1500ポンド(約580万円)から4万4630ポンド(約825万円)からとなっているが、改良後は全体的に1000〜2000ポンドの値上げが予想される。

記事に関わった人々

  • 執筆

    ジョナサン・ブライス

    Jonathan Bryce

    英国編集部。英グラスゴー大学を卒業後、モータージャーナリストを志しロンドンに移住。2022年からAUTOCARでニュース記事を担当する傍ら、SEO対策やSNSなど幅広い経験を積んでいる。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    平成4年生まれ。テレビゲームで自動車の運転を覚えた名古屋人。ひょんなことから脱サラし、自動車メディアで翻訳記事を書くことに。無鉄砲にも令和5年から【自動車ライター】を名乗る。「誰も傷つけない」「同年代のクルマ好きを増やす」をモットーにしている。イチゴとトマトとイクラが大好物。

関連テーマ

おすすめ記事