オークションリザルト

最終更新日:2018.01.14

日本開催「BHオークション 東京オートサロン・オークション」

編集部より

日本で新たな一歩を踏み出した「BHオークション」による東京オートサロン・オークションの結果を解析してみましょう。

■もくじ

どんなオークション?
「BHオークション 東京オートサロン・オークション」とは
ポイント1 日本のオークションハウス「BHオークション」が開催

どんな車両が出品?
ポイント2 各ジャンルを代表 16台を用意
ポイント3 トヨタ2000GTが登場
ポイント4 スーパーカーは2台のみ
ポイント5 落札率 86.7%と好調

流札? 落札? リザルト一覧
「東京オートサロン・オークション」リザルト一覧

どんなオークション?

「BHオークション 東京オートサロン・オークション」とは

●2018.01.12 「BHオークション 東京オートサロン・オークション」
世界的な自動車メーカーが多数ある日本のクルマ界だが、コレクターズカー・オークションは皆無だった。そのような中で日本の価値観で開かれたのがBHオークション 東京オートサロン・オークションだ。

text: Kazuhide Ueno(上野和秀)

ポイント1 日本のオークションハウス「BHオークション」が開催

世界的クルマ製造大国である日本だが、コレクターズカーの世界は昔ながらのショップによる取引が一般的で、欧米のようなコレクターズカー・オークションは存在しなかった。その昔バブル真っただ中の時期に三菱商事による東京オークションが開かれたが、海外のオークションハウスの企画に乗っただけのもので、日本のコレクターも育っていなかったこともあり成功とはいえない結果に終わっている。

以来現在に至るまで日本でコレクターズカー・オークションが開かれていなかったが、昨年の東京オートサロンで新たに設立された日本のオークションハウスであるBHオークションが挙行を表明し、1年を経ていよいよ開催されることになった。記念すべき1回目は2018年の東京オートサロン内で行われ、「より日本らしい価値観を創出し、それを日本のみならず世界に発信する」をテーマにするとBHオークション武井代表から発表された。

ポイント2 各ジャンルを代表 16台を用意

今回は東京オートサロン内でイベントホールを使って行われることから、スペースの関係もあり16台が用意された。その内容は初回ということもあり、各ジャンルの選りすぐりのクルマたちが集められた。ジャンルを簡単に説明するとオークションの方向性を示すように国産旧車を核に、スーパーカー、チューニングカー、レーシング・マシンの4本柱で展開された。


ここでの白眉たる存在は1990年の世界スポーツプロトタイプカー選手権(WSPC)を闘い、現在行われているヒストリックカー・レースのひとつであるグループCレーシングで幾多の勝利を勝ち取っているニッサンR90CPだ。まず流通しない希少なワークスカーで即レース可能な完璧といえるコンディションに保たれていることもあり予想落札額は1億4800~1億9800万円とアナウンスされていた。このほかホンダのスペシャリストであるスプーンが製作したNSXとS2000も用意された。

ポイント3 トヨタ2000GTが登場


国産旧車ではトヨタ2000GTが注目を集めていた。トヨタ2000GTは海外オークションにおいて1億円以上で落札されたことから、日本でも再評価されることになった1台だ。今回出品されたのは約2年をかけて完璧なレストレーションが施され、手に入れてすぐ楽しめることもあり予想落札額は6500~8800万円だった。このほか人気のハコスカ4ドアGT-R、フェアレディ2000、トヨタ・スポーツ800、そしてホンダS800クーペが用意された。

変わったところでは北米日産が純正パーツを集めて240Zをレストアしたダットサン240Z ヴィンテージZが注目。1996年にオーナーが2台色違いで輸入し未登録のままガレージに眠っていたいわゆる「バーンファインド」で、長年積もった埃まみれの姿で会場に運ばれた。

当レポートをスライドショー形式でご覧になりたい方は、記事下のリンク、「すべての画像をみる」をご利用ください。

next page流札? 落札? リザルト一覧

すべての画像をみる


人気コンテンツ