海外試乗

2018.06.12

レクサスES初試乗 ハイブリッドのES300h、GSよりも合理的な選択肢に

レクサスES300h

文・マット・ソーンダース 

編集部より

2018年型レクサスESに試乗しました。2.5ℓガソリンエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドシステムで前輪を駆動します。レクサスはESをお買い得な価格帯で発売すると予想され、GSよりも合理的な選択肢となりそうです。

もくじ

どんなクルマ?
レクサス ヨーロッパの販売拡大へ
前輪駆動のニューモデル

どんな感じ?
カムリとプラットフォーム共有 細かく差別化図る
インテリア 高級感あるもオーラなし
ハイブリッド搭載 落ち着いた運転なら洗練された乗り心地
速いが、ドライバビリティはイマイチ

「買い」か?
安定感と洗練性が魅力 ライバルはS90やEクラス

スペック
レクサスES300hのスペック

どんなクルマ?

レクサス ヨーロッパの販売拡大へ

7代目レクサスESは、英国ではあまり知られていないミドルサイズの高級セダンだ。しかし、このクルマからはブランドの哲学が変わったことが感じられる。

レクサスはこれまで、ヨーロッパで売り上げを増やし、ドイツ勢が握っているマーケットシェアを奪うことにそれほど意識を向けてはいなかった。

それがここに来て、レクサスの販売が好調な欧州市場に対する姿勢が変わったのかもしれない。ラインナップを整理し、ブランドのポテンシャルをヨーロッパでも最大限発揮しようと「本腰を入れ始めた」ようだ。

レクサスはトヨタのプレミアムブランドとして、ここ5年でヨーロッパでの売り上げが2倍になった。この大半がクロスオーバーのNXの成果だった。それが、今ではミドサイズ・エグゼクティブセダン市場に参入し、方針を転換しつつある。高い実用性と価値の高さを武器に、英国や欧州の購買層にアピールするのが目的だ。

第7世代のレクサスESはヨーロッパではGSの後継となり、英国では今年末に発売される。ここからレクサスの転換が始まる。

next page前輪駆動のニューモデル

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ