海外試乗

2018.10.06

新型プジョー508 フランス巡る旅 フレンチサルーンへの愛は変わらず

プジョー508

文・スティーブ・クロプリー 

編集部より

新型プジョー508でフランスを巡る旅に出ました。且つてこのモデルと同じ名で呼ばれていた旧国道を辿るルートです。道中ではフランスのひとびとからの注目を大いに集めるとともに、改めてフレンチサルーンに対する根強い人気を確認することもできたようです。

もくじ

フレンチサルーン 504の再来?
舞台はフランス 旧国道508号線
ノイズは問題無し シフトも素晴らしく
カフェで大人気 他人も幸せに
番外編1:プジョーの200年
番外編2:プラットフォーム新時代

フレンチサルーン 504の再来?

数年前、主力のDセグメントサルーンに新たなキャラクターを与えようなどと考える主要メーカーがあれば、そんなことは現実的ではないとでも言ったかも知れない。かつて大型4ドアサルーンこそ真っ当な家族のためのクルマであり、こうしたモデルが子供を迎えに学校へと向かう姿をよく目にしたものだ。

だが、今やその座はSUVのものとなっている。新時代のエアロダイナミクスと最新のライティングデザインの恩恵を受けて、ファミリーサルーンはより滑らか且つ、ある種の優雅さを身に着け始めているが、こうしたモデルを路上で目にすることは珍しくなりつつある。かつては英国中を走り回っていたフォード・モンデオだが、ここ10年は英国におけるベストセラーカーリストでは希少な存在であり、プジョー508に至ってはリストのはるか下にランクされている。

そんななか登場したのが新型508であり、驚くべきことに、プジョーは今回のモデルチェンジをチャンスと考えたのだ。ちょうど50年前、快適さと洗練性、そして耐久性でライバルたちを軽々と凌ぐ伝説の504がデビューしたときから、彼らの「5つの特徴」を持ったモデルづくりが始まった。504は多くのひとびとに愛され、アフリカでは2006年までナイジェリアで生産が継続された。


一方、欧州では1979年に、504に比べれば平凡なモデルでしかない505がデビューしているが、プジョーの「5つの特徴」を持つクルマ作りは、407と607の後継として2011年に登場したやや大柄なボディの先代508まで棚上げ状態だった。その結果は厳しいもので、残念ながら先代508も卓越したモデルとは呼べなかった。

いまだ新型508が上陸していない英国からすれば、今回のモデルチェンジはまったく不要なものに見えるかも知れない。だが、プジョーのトップはフランスと、中国に代表されるアジア市場からのサルーンモデルに対する継続的な力強い需要を認識しており、だからこそ、モデルチェンジを決断するとともに、2010年のコンセプトカー、SR 1で初めて披露したデザインコンセプトを採用することで、新型508を特別なモデルにしようと考えたのだ。

その結果が、より短く、より低く、より軽量ではるかに美しくなったこのモデルであり、フランスでの登場後すぐに行った最初のテストでは大きな喝さいを浴びることとなった。

next page舞台はフランス 旧国道508号線

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ