【英国に変化を与えた懐かしの日本車6台】ダットサン・サニー1000(B10型)/コルト・ランサー1200(A70型)/スズキSC100 GX(セルボ) 後編

2020.05.23

サマリー

1960年より以前、英国ではほとんど存在感のなかった日本車。そんな立場を変えるきっかけとなった、開拓者といえる創成期のモデルを一挙に6台、試乗しました。後編ではサニーとランサー、SC100(セルボ)をご紹介します。

もくじ

世界最速の1.0Lと呼ばれたダットサン
英国ではルノーに次ぐ輸入車ブランドへ
好きになる要素がたくさんあるランサー
RRの小さなプアマンズ・ポルシェ
20年ほどで変化した道路の風景
ダットサン、三菱、スズキ 3台のスペック

世界最速の1.0Lと呼ばれたダットサン

text:Andrew Robrts(アンドリュー・ロバーツ)
photo:Luc Lacey(リュク・レーシー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
世界最速の量産1.0Lモデルと呼ばれ、英国人にとって日本車のイメージを確立させたのは、ダットサン・サニー。日産が生み出した大衆車だ。

1968年12月、英国に姿を表したサニー1000 B10は、自動車メディアの高い評価を集めた。三菱コルト1100Fと2台を並べ、ダットサンの走行テストを行った。「東洋人を分析」という見出しを付けて。

ダットサン・サニー1000(B10型・1966年−1969年)
ダットサン・サニー1000(B10型・1966年−1969年)

B10型のサニーがデビューしたのは1966年4月。E10型トヨタ・カローラのライバルとして登場した。サニーというモデル名は、800万件を超える公募の中から選ばれたという。

OKJ 213Fというナンバーを付けたサニーは、1968年に輸入された6台の内の1台。当時はブランド名の認知度も低く、サニーの初代オーナーが手にしたサービスブックには、「日産−ダットサン・コンセショネア(販売代理店)」とメーカー名が記されたほど。

エンジ色のクルマは英国に唯一残る、路上を走れるB10のサルーンだと考えられている。ちなみに、ダットサンというブランド名のディーラーシップは、2000年まで英国に残っていた。

広報用の車両として走った後は、AFタン社のロブ・タンが買い取っている。現在のB10のオーナーは、マーク・アッシュブリッジ。5年前に購入した。

「操縦性は軽快。ダットサンに期待するとおり、トランスミッションの印象も良いです」 と話すアッシュブリッジ。

「軽量なおかげで、走行性能はかなりピーキーですね。穏やかにアンダーステア傾向ですが、ハンドリングは全体的に良好です」 このサニーは操縦性を改善するため、タイヤはラジアルに履き替えている。

 
最新試乗記

人気記事