【ハマーEV】中身を公開 フルEVとして復活 価格はエスカレード並み? 航続距離を予想

2020.03.17

サマリー

GMC「ハマーEV」の技術的な構成が明らかになりました。中身は「アルティウム」とのこと。「アルティウム」とは何か? 航続可能距離や価格について予想します。「安い」と思う方もいるかもしれません。

もくじ

ハマーEV 中身は「アルティウム」!?
「アルティウム」の中身はどうなっている?
ポルシェと同じ、800V・350kwに対応
四駆が標準? 価格はエスカレードに近い?

ハマーEV 中身は「アルティウム」!?

text:Kenji Momota(桃田健史)

2020年5月20日に世界初公開が予定されている、GMC「ハマーEV」の技術的な構成が明らかになった。

ハマーEVの中身は、「アルティウム」だという。

ハマー復活時のAUTOCAR予想イメージ。
ハマー復活時のAUTOCAR予想イメージ。

一般ユーザーのみならず、自動車業界関係者にとっても初めて聞く名称だが、いったいどういうことなのか?

ゼネラルモーターズ(GM)はミシガン州デトロイト北部にあるウォーレンで3月4日、EV戦略に関する記者発表を行った。

その中で、GM会長兼CEOのメアリー・バーラ氏は「フルサイズ・ピックアップトラックまでを含むマルチブランド・マルチセグメントでのEV戦略」について詳しく話した。

GMのEV戦略の柱が、「アルティウム」だ。科学的な専門用語ではなく、バッテリーシステムに対するGM独自のマーケティング用語である。

ハマーEVも、この「アルティウム」を搭載することになる。

「アルティウム」のバッテリー容量には、50-200kWhまで各種のアレンジが可能だという。バッテリー容量は、満充電での航続距離に直結する。

ハマーEVの場合、ボディサイズが旧来型ハマーH2と同じレベル、フルサイズSUVだと仮定すると、「アルティウム」では最大サイズの200kWhの搭載が予想される。

これは、テスラ・モデルSやモデルXの最上級モデルが搭載するバッテリー容量の2倍に相当する。

では、「アルティウム」の中身はどうなっているのか?

 
最新海外ニュース

人気記事