ランボルギーニ・ウラカンLP610-4スパイダー

公開 : 2016.08.26 05:50  更新 : 2017.05.29 19:21

ほかのグレードに比べるとキャラクターはおだやかなウラカン・スパイダーは英国の悪路でも(劣悪なドライビング・ポジション以外は)問題ない。ただしハンドリングはライバルに劣っている。

■どんなクルマ?

ランボルギーニ・ウラカンLP610-4スパイダーば、ランボルギーニにおけるアフォーダブル・スーパーカーのラインナップの最後のピース。アフォーダブルといえどもランボであるから、その点は注意が必要である。

611psを生みだすV10エンジンはLP610-4クーペと同じであり、7速DCTとクラッチ-ベースの4WDシステムも共通。ダブル・ウィッシュボーン式サスが組み合わさり、カーボン・ブレーキは標準の扱いとなる。

可変ダンピングとアクティブ可変レシオ ‘ダイナミック’ ステアリング・システムはオプションにて追加することができ、両方ともテスト車には組みあわされていた。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事