パフォーマンスクーペ決定戦:日産GT-R vs アウディRS5(後編)

公開 : 2017.08.06 11:40  更新 : 2017.08.06 14:30

後編です。日産GT-RとアウディRS5の対決。いよいよ結果の発表です。

もくじ

前編
2台の合言葉は「驚異」
RS5、いまやGT-R超え?
GT-Rの内装「時代遅れ」問題
GT-RとRS5 意外な共通点

後編
GT-Rで山を攻めてみる
高性能車と傑作の違い
追うRS5 逃げるGT-R
浮き彫りになった、ふたつのこと

GT-Rで山を攻めてみる

直線では暴力的なまでに速く、スロットルを踏めば踏むほど、シフトアップすればするほど、力強く速度を上げていく。

エンジンは、低回転域でのレスポンスはそれほどでもないが、中回転域はとても強力で、ラスト2000rpmはまさに狂気。570psという公称馬力以上にパワフルな印象だ。

コーナリングでもまた、GT-Rは実際より軽く感じられる。その一因はクイックで驚くほどデリケートなステアリングだ。

さらに、ダンロップ製タイヤがドライ路面では強烈にグリップする。アンダーステアの傾向が出てさえ、ドライビングが乱されることはない。

一方、シャシーの根本的なバランスは極めてニュートラルで、結果として、コーナリングスピードは信じられないほど速い。

そのうえ、シャシーそのものにアジャスト性もあり、走行ラインを微調整して意のままにクルマのバランスを味わうことができる。

あらゆる面において、パワーでもメカニカルグリップでも勝るGT-Rのほうが、RS5よりも速い。

しかし、2点間の移動でそれぞれの所要時間を計れば、その差はそれほど大きくないだろう。

 
最新試乗記

人気記事