「独身貴族のクルマ選び」 335iクーペ vs TTクーペ3.2 vs ケイマン 回顧録(7)

公開 : 2017.10.15 09:10

恐るべきBMWパワー

先日われわれは335iクーペに単独で試乗しているが、その驚異的な速さには心底驚かされた。何しろ高速道路の追い越し加速ではM3と勝負できるくらい速い。

このクルマのパワーソース(3.5ℓではなく3ℓの直6ツインターボ)は、306ps/5800rpmの最高出力と40.8kg-m/1300-5000rpmの最大トルクを発生するが、注目すべきは一世代前のV8フェラーリ(360モデナ)を上回るトルクを、走り出した瞬間から発生している点だろう。

トランスミッションは日本へ導入されているのは6段ATのみだが、今回試乗したのは6段MT仕様。車両重量は3台中もっとも重く1600kgもあるが、それにも関わらず馬力荷重比は191ps/トン、トルク荷重比25.5kg-m/トンをマークし、TTとケイマンを引き離す。

BMW、というより3シリーズ・クーペには、もうひとつBMWファンには見逃せない魅力がある。それは7シリーズから始まったバングル・デザインの事実上最後のモデルという意味合いを持っていることだ。

そのスタイリングはアウディやポルシェのように街ゆくひとびとが皆振り返るような派手さはないが、躍動的で、どこから見ても美しい。

アウディは3台中唯一の4WD車であり、スタイリング的にもインパクトがある。パワーソースはゴルフR32譲りの3.2ℓV6で、最高出力250ps/6300rpm、最大トルク32.6kg-m/2500-3000rpmをマークする。

日本仕様のトランスミッションはデュアルクラッチの6段Sトロニックであるが、試乗車は6段MT。ボディはアルミとスティールを併用する新設計のASF(アウディ・スペース・フレーム)で、これにより先代モデルから大幅なダイエットに成功している。

1410kgという重量は4WDであることを考えれば軽いが、それでもポルシェには敵わない。馬力荷重比は最下位の177ps/トン、トルク荷重比は2番手の23.1kg-m/トンである。

ポルシェはエンジンスペックでは2台に大きく見劣りする。ミドシップマウントされる2.7ℓ・フラット6はボクスターと同じもので、最高出力は245ps/6500rpm、最大トルクは27.8kg-m/4600-6000rpmに過ぎない。しかし、車重が1300kgに収められているので、馬力荷重比はトップのBMWに迫る188ps/トンをマークする。

もっとも、トルク荷重比は排気量の小さいことが反映されて21.4kg-m/トンと、両車に大きく引き離されている。ちなみにポルシェのトランスミッションは5段MTがスタンダードで、6段MTはオプション扱いとなっているが、試乗車は5段MTである。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事