「エヴォーラGT430」 最後にして最強のモデルを試乗 ロータス

公開 : 2017.10.27 11:40  更新 : 2017.10.27 15:35

ロータス「エヴォーラGT430」の試乗記です。見るからにアグレッシブなこのクルマを同社は「究極」と表現します。AUTOCARもそれに賛同します。

もくじ

どんなクルマ?
「スーパーカーとしてのエヴォーラ」最終章
ウォッシャー液のボトルも軽量化の対象

どんな感じ?
最初のコーナーでショック受ける

「買い」か?
まるっと受け入れるならば「買い」

スペック
ロータス・エヴォーラGT430のスペック

どんなクルマ?

「スーパーカーとしてのエヴォーラ」最終章

2014年の就任以来、代表のジーン・マーク・ゲールズは、徐々にこのエヴォーラを(エリーゼとエキシージも同様に)改良してきた。

しかし、このGT430に施された程の仕事はかつてなかった。

ロータス・エヴォーラのスポーツカーからスーパーカーへの転身はこのモデル、ロータス・エヴォーラGT430をもって完結する。

車名の430が示すとおり、GT430は、ベースとなったスポーツ410から20psのエクストラ・パワーを得ている。しかし、それだけではない。先頭のGTの意味するところは、このクルマの開発を指揮したロータスのチーフ・エンジニアであるギャブ・カーショウがドライブするGT4レーシングカーの公道バージョンであるということを意味するのだ。

このクルマには、エクストラパワーの他に以下3つのレーシングカー由来の改良が施されている。

・軽量化
・全面的に見直された空力パッケージ
・レーシングカーそのものの調整式サス

具体的に見ていこう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事