ポルシェに挑むホットハッチ メガーヌR26R vs ケイマンS 前編 回顧録

公開 : 2018.04.30 08:10

なぜケイマンなのか

前輪駆動のハッチバック対ミドエンジンの後輪駆動クーペとは、いささか異色の組み合わせに見えるかもしれない。

しかも基本価格が786万円とR26Rの2倍にほど近いケイマンは、価格帯の点でもメガーヌとは立ち位置が違っている。

しかし、われわれにとってみればそれはむしろ意図的なものである。なぜならわれわれが知りたいのは、このルノーが自動車世界の食物連鎖のなかでどこまで這い上がれるかだからである。

また、カントリーロードでケイマンほど端正な走りを見せるクルマは数少ないという事実も承知している。どちらのクルマの開発環境がカントリーロードにより近いかといえばおそらくR26Rのほうだと思うのだが、そういうコースでさえケイマンSは、正確さにおいてR26Rを上回ってしまう可能性がある。

その一方で、ポルシェによれば、ニュルブルクリンクでのケイマンSの持ちタイムは8分20秒で、つまりR26Rより3秒ほど遅い。よってこの2台は総合的に見て、コース次第ではまったく対等と考えて差し支えないはずだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事