比較試乗 アストン マーティンV12ヴァンテージ vs ポルシェ911 GT2 前編

公開 : 2018.05.06 08:10

理想的なライバルのGT2

対してGT2は、機械的なレイアウトこそまるで正反対なものの、それ以外、つまり走りの面でも価格帯からしても、まさにV12ヴァンテージとまったく同格と言っていい。

価格は60万円しか違わず、さらに「自信があるならこのオレを乗りこなしてみな」とでも言いたげな性格も似ている。理論的には理想のライバルある。

アスファルトを削り取るかのごとき猛々しさをV8ヴァンテージに授けるために、アストン マーティンはそれほどの開発期間を必要としたわけではない(開始から完了まで約12カ月)。

そのために必要なプロセスにも、予想された以上の困難はなにもなかった。ただ、周囲のシャシーをできるだけ切り裂かずに済むように工夫して2気筒分長いV12をエンジンベイへと押し込み、それに合わせてサスペンションを低く硬くした。そしてDBSから拝借したカーボンセラミックブレーキを装備し、仕上げにこのクルマの特別な性能にふさわしい雰囲気のインテリアをでっち上げれば一丁上がりという流れである。

そのように表現するとやっつけ仕事と受け取られてしまうかもしれないが、しかし実際にはルックスもフィールも、それまでのモデルからの正常進化としか思えないような整然とした仕上がりになっている。あとからの思いつきで改造されたクルマと思わせる荒さはどこにもない。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×