比較試乗 アストン マーティンV12ヴァンテージ vs ポルシェ911 GT2 前編

公開 : 2018.05.06 08:10

それ以外では接戦

だが、それ以外のスペックについては接戦だ。どちらも6段MTの後輪駆動で、トラクションコントロールを装備している。また、ともにブレーキはカーボンセラミックで(実に素晴らしい)、非常に洗練されたESPシステムや、エンジンマッピングを切り替えてスロットルレスポンスを高めるスポーツモードも用意している。

だが、ローンチコントロールシステムを備えているのはGT2のほうだけで、V12ヴァンテージのドライバーがパーフェクトな全速発進をやってのけるためには右足の繊細な操作が必要となる。

非常に興味深いことに、タイヤはどちらもサーキット走行会向けというべきスペックが選ばれている。ポルシェミシュラン・パイロットカップで、アストンはピレリPゼロ・コルサだ。ブランド名だけで判断するとGT2のほうが圧倒的に有利と考えるかもしれない。

しかしヴァンテージで同じ道を走れば、アストン マーティンがどれだけ真剣にドライバーズカーとしてこのクルマを開発してきたかがよくわかる。もっとも雨の日は水たまりに気をつけたほうがいい、この種のタイヤでは、目に見えないちょっとした水たまりでも大惨事に直結しかねないからだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

アストン マーティンの人気画像

×