試乗 フォード・マスタング 2.3ℓ4気筒、ハンドリングが魅力

公開 : 2018.08.14 10:20  更新 : 2018.08.14 10:23

迫力は無いが十分な性能のエンジン

さていよいよ、光り輝くスタートボタンを押してエンジンを始動させる。だが、重たいクランクシャフトが回りだす振動も伝わって来なければ、右足を踏みこんでみてもデトロイトの香りがするゴロゴロした心地良いうなりも聞こえこないのは、どうにも肩すかしだ。

音や振動でもただならぬ力を感じさせるV8の存在感がドライバーズカーとしてのマスタングの大きな魅力だと感じてきたから、そのV8がないということは最大の美点を失うことではないかというのが、このときの正直な気持ちだった。

でも、この4気筒だって恥ずかしくない性能の持ち主だし、エンジンのおおきな兄貴分よりもすぐれたハンドリングが特有のスポーツ性を際立たせていることが、あとから必ずわかることになる。

ボンネットの下に収まるフォード製2.3ℓ直列4気筒エンジンについてまず気づいたのは、サウンドがちょっと変わっていて、たまに5気筒を思わせる不整脈のようなビートがまじることだった。

スロットルへの反応はよく、比較的軽い車重とあいまって中回転域でもマスタングを十分力強く引っ張ってくれる。ギア固定での加速も十分以上で、現代のホットハッチ並といってもいいレベルだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事