ホンダ F1エンジン供給の苦悩 トロ・ロッソとの現状、レッドブルとの勝算は

公開 : 2018.09.09 10:10

結果を出したトロ・ロッソ

「自動車メーカーにとっては、F1パワーユニットにはMGU-K、MGU-H、内燃機関エンジン、それにバッテリーが必要です。これをひとつのパッケージにしなくてはなりません。それぞれの要素技術はとても高度なので、社内外の多くのエンジニアが必要になります。そうすると組織の管理も問題になってきて、頭が痛いですね」

現代のF1で重要なシミュレーション作業も、ホンダが手薄な領域だと田辺はいう。サーキットでのテストが十分できないためにシミュレーションが必要となるのだ。「オフシーズンのテストが終わるとすぐ最初のレースに入り、あとはレースの連続なんです」と彼はいう。

「以前と比べてサーキットで十分なテストができません。なので、シミュレーション作業や工場からのフィードバックを改善する必要があるんですが、シミュレーション結果とサーキットでのテスト結果を相関付けるのはとても難しい。今でも勉強中です」

ちょっと変わったトロ・ロッソとホンダのカップルは、サーキットで結果を出した。契約が遅くなってチームは出遅れたにもかかわらず(「追いつくのはとても大変でした」と田辺はいう)、シーズン第2戦のバーレーンでは、ピエール・ガスリーが4位入賞という素晴らしい結果を残した。

マクラーレンとの3シーズンでの最高位を上回る成績だ。以来トロ・ロッソ・ホンダ連合軍は、成績を上下させながら混戦から抜け出そうと戦ってきた。そしてハンガリーでは、ガスリーがふたたび6位入賞という手柄をたてた。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事