ホンダ F1エンジン供給の苦悩 トロ・ロッソとの現状、レッドブルとの勝算は

公開 : 2018.09.09 10:10

ともに仕事がしやすい

成功したインディカーのエンジン供給プロジェクトから、今年F1プロジェクトの技術部長として移動してきたホンダの田辺豊治と話をすると、こんな感じを受ける。トロ・ロッソのほうがマクラーレンより仕事がしやすいのでは、と尋ねられると、彼は控えめにこう答えるのだ「マクラーレンと一緒に仕事をしたことがないので」

難しい質問をちょっとはぐらかし、少し沈黙した後、彼はこう続ける。「でもトロ・ロッソのシャシーチームと仕事をした経験からいうと、彼らはとても率直で、それに……」と、また口ごもる。「なんでもしっかりと議論できるんです。このチームとは前より仕事がしやすいと思います」

これはマクラーレン批判と受け取られても仕方ないだろう。もちろん、田辺は過去をほじくり返したり、失敗を蒸し返したりすることを望んではいない。しかし、ホンダがパワートレインの複雑怪奇なルールに手こずっていることは認める。

「現在のF1はちょっと難しいですね」と彼は控えめにいう。「以前のF1とは全く違います。他のカテゴリーと比較してもF1のレギュレーションはものすごくアグレッシブです」

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事