ホンダ F1エンジン供給の苦悩 トロ・ロッソとの現状、レッドブルとの勝算は

公開 : 2018.09.09 10:10

レッドブルにもエンジン供給へ

トロ・ロッソとの契約で期待されていなかったホンダは、比較的のんびりと検討ができるようだ。レッドブルのふたつのチームにエンジンを供給することになる来年は、今年ほどのんびりとはできないだろう。

4台のクルマを走らせれば、ホンダの開発スピードも上がるだろう。「理論的にはわれわれの得るものも2倍になりますが」と田辺はいう。「おそらくレッドブルは違った考え方を持っていると思います。2倍ではなくて2倍以上の成果を出すと」

確かにプレッシャーは2倍以上になるだろう。レッドブルは優勝を狙えるチームであり、スターデザイナーのエイドリアン・ニューウェイ、日の出の勢いのドライバー、フェルスタッペンを擁する。最近のF1では最高のシャシーを作り上げたという確固たる自信もある。

それに、現在のエンジンサプライヤーであるルノーの努力が足りないとあからさまに批判してきた経緯もある。プレッシャーの大きさは、トラック32台分の巨大なレッドブル・エナジー・ステーションと同じくらいだろう。

田辺はそう簡単には勝算を語らない。レッドブルとの目標を尋ねられた彼の答えはそっけない。「もっと高いポジションを狙っていますが、具体的な目標は言えないんです」そこでちょっと間をおいた田辺は答える。「いつも優勝を狙っています」

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×