ホンダ F1エンジン供給の苦悩 トロ・ロッソとの現状、レッドブルとの勝算は

公開 : 2018.09.09 10:10

さらなる進歩を求めて

ハンガリーの結果はチームをとても勇気づけるもので、それは予選での成績に最も良く表れていると田辺はいう。ウエットの難しいコンディションの中、ガスリーとチームメイトのブレンドン・ハートレイが、レッド・ブルのドライバーであるマックス・フェルスタッペンをはさむ形で、6位と8位につけたのだ。ハートレイによれば、この結果はホンダ・エンジンの本当の強さを物語っているという。

「今年最初のテストのときから、ドライバビリティは完ぺきでした。スロットルを踏み込むと、エンジンからはまさに期待通りのレスポンスが得られます」と彼はいう。「簡単なように聞こえますが、現代のF1のような複雑なパワートレインでは、一筋縄じゃ行かないんですよ。他のチームでは、われわれのようにうまくはいっていないとも聞いています。ハンガリーではとても頼りになりましたね」

「われわれが勝てる見込みなんてないと、たくさんの人がこき下ろしていましたよね」と彼は言い、こう付け加える。「今年のことは、世界規模の自動車メーカーと1対1で仕事をする絶好の機会だとトロ・ロッソの誰もが思っていました。ここまで、ホンダと組んで悪いことはひとつもありませんね」

ここまでの進捗にもかかわらず、ホンダのパワーユニットがまだライバルたちに及ばないことは明らかである。この問題に対する田辺の解決法はいたって簡単だ。「差を縮めてさらなるパワーアップを目指さなければなりません」勝算について彼は多くを語らない。「考えているところです」というばかりだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×