FFベース4輪駆動の功と罪 初試乗 BMW 1シリーズM135i 4気筒ターボは306ps

公開 : 2019.07.25 10:10  更新 : 2019.07.25 10:16

どんな感じ?

できの良い高性能な4輪駆動ホットハッチ

期待のM135iだが、足の極めて速い高性能な4輪駆動のホットハッチとしては、かなりできが良い。間違いなくメルセデス-AMG A35と渡り合えるだろう。一方で、かつての高性能版1シリーズが備えていた性格が変化したことも否定できない。先代のM140iオーナーにとっては、その進化にショックを受ける可能性も小さくなさそうだ。

乗り込んでみると、今まで通り見慣れたBMWではある。フロントガラス下のスカットルの見切りは高くなり、短いボンネットが前輪駆動ベースであることを物語るが、肉厚なステアリングホイールに、伝統的なドライバー側を向いたダッシュボードは変わらない。

エンジンスターターのボタンを押すと、直列4気筒は、かつての直列6気筒のような音を奏でて目を覚ます。走り初めの引き締まった感覚は先代と同様ながら、ステアリングホイールへ伝わってくる明確な感覚は間違いなく薄れている。だが、BMWらしいとは思える。

アイドリングを少し超えた辺りから最大トルクが発生するから、大排気量エンジンモデルのように、エネルギーに満ち溢れた力強さでボディを引っ張る。急斜面でも追い越しでも、直線加速でも、まったく動じない圧倒的な速さだ。BMWによれば、0-100km/h加速は4.8秒でこなすというが、かなり控えめに見積もった数字ではないだろうか。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

BMWの人気画像

×