FFベース4輪駆動の功と罪 初試乗 BMW 1シリーズM135i 4気筒ターボは306ps

公開 : 2019.07.25 10:10  更新 : 2019.07.25 10:16

フォルクスワーゲン・ゴルフRとの価格差はわずか

ハイテク機能も抜かりはない。メルセデス・ベンツのように高精細モニターがダッシュボード全面にレイアウトされているわけではないが、8.8インチのモニターで操るインフォテインメント・システムはより使いやすい。直感的に操作できるiドライブ・ローターリーコントローラーとホットキーが、ユーザビリティを高めている。

またインターネットと接続する最新のコネクティビティやライブサービスも充実。BMW独自の音声認識システムも搭載されている。さらに鍵を用いず、自身のスマートフォンのアプリで、クルマのドアロックを開場することも可能となった。

洗練性もかなり高められている。風切り音は小さくなり、エンジン音も車内にはほとんど届かない。テスト車両にはオプションとなる2ステージ・アダプティブ・ダンパーが装備されていた。コンフォートとスポーツを切り替えられ、コンフォートモードでも基本的にはかなり引き締まった設定ながら、路面のうねりを見事に吸収してくれていた。ただし、これはドイツの滑らかな路面での印象ではある。また、舗装の剥がれた箇所や鋭い入力に関してはあまり得意ではないようで、車内へ角のある振動を届けてしまう。

BMWというブランドと後輪駆動の先代を気にしなければ、M135iは極めて速く、実用性も高い4輪駆動システムを備えた魅力的なホットハッチだといえる。上質で洗練されており、フォルクスワーゲン・ゴルフRとは数百ポンド(数万円)の差しかない。スタイリングはわたし好みでないにしても、パッケージングで優れ、広い車内を備えていることを考えれば、価格差の価値はある。またドライバーズカーとして考えても、メルセデス-AMGのA35や先代のBMW M140iよりも優れていると思う。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×