仕上がりはセンセーショナル ポルシェ718ケイマンGT4 NA4.0ℓフラット6 420ps

公開 : 2019.07.31 10:10  更新 : 2019.08.01 23:27

ハイライトのひとつのステアリング感覚

安心感という点でいえば、2段階調整式のダンパーをリラックスした、より抑揚のあるセッティングの方が強く感じられるだろう。バケットシートのホールディング性は高い。量産のミドシップ・スポーツカーで、これほどコミュニケーション力の高いグリップレベルを備えているクルマは、他にないといって良い。マクラーレンを除いて。

GT4のステアリングフィールもハイライトのひとつ。現代のクルマに見られがちな、単にレシオをクイックなものに変更しただけではない。パワーステアリングのアシスト量も、やや減らされたようだ。クルマは先の挙動が読める正確性を保ったまま、リアタイヤの豊かなスタビリティとともにコーナーを進んでいく。

操舵時の重さ加減もリニアで、クルマ全体の動きが手のひらの感触へと、話しかけるように伝わってくる。ステアリング・レシオは、瞬間の挙動を感じ取りながら、より容易にGT4のコーナリング性能を引き出すために熟考されている。

新しくなったエンジンも、先代同様に素晴らしい。パワフルで、手拍子を打つかのようにトップエンドでもキビキビと周り、低回転域でのトルク湧出感もスムーズ。マニュアルで高い段数を充分に活用できるだけ、トルクも太い。しかし別のジャーナリストからは、2速で136km/hまで引っ張れるギア比やロング過ぎるという意見もあった。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事