【4代目ゴルフの長所も受け継ぐ】VWニュービートル 英国版中古車ガイド

公開 : 2020.05.01 10:20

大きな話題を集めたフォルクスワーゲン・ニュービートル。基本的にはキュートでレトロなデザインをまとった、4代目ゴルフといえるクルマです。信頼性だけでなく、注意を払うべきポイントも、ゴルフから受け継いでいます。

もくじ

RSiというスポーティ・モデルも存在した
4代目ゴルフの優れた品質を受け継ぐ
不具合を起こしやすいポイント
専門家の意見を聞いてみる
知っておくべきこと
いくら払うべき?
英国で掘り出し物を発見

RSiというスポーティ・モデルも存在した

text:John Evans(ジョン・エバンス)
translation:KENJI Nakajima(中嶋健治)

 
筆者が気になる、4代目ゴルフR32の双子として開発されたニュービートルRSiは、期待以上のヒット作となった。2001年の登場で、台数は250台の限定。日本へ導入されたのは45台だという。

おかげで現在の英国価格は、4万ポンド(540万円)をくだらない。ゴルフ4をベースに、3.2LのV6エンジンとハルデックスカップリングを採用した四輪駆動を搭載。最高出力は224psを発揮した。

フォルクスワーゲン・ニュービートルRSi
フォルクスワーゲン・ニュービートルRSi

RSiのダッシュボードには、ニュービートルの特徴でもあった小さな一輪挿しが付かない。中古車市場で豊富に流通する普通のニュービートルだが、もちろん、気にすべきは花瓶の有無ではない。

ニュービートルは、多くの人を笑顔にしてくれる。エンジンは信頼性が高く、充分に魅力的だ。

オリジナルとなった、空冷のリアエンジン・モデルと区別するため、フォルクスワーゲンは1998年に登場したモデルをニュービートルと呼んだ。初代を継いで登場した2代目は、2011年まで生産されている。

ボディはすべて2ドア。リアシートは折りたたみ式で、少し大きな荷物も積み込める。前席は、頭上空間も充分に広い。

ニュービートルの登場当初は、すべてが左ハンドル車だった。右ハンドル車が登場したのは1999年。エンジンはすべて2.0Lのガソリンで、115psを発揮した。

追って102psの1.6Lが追加となり、しばらくしてスポーティな170psの2.3Lと、150psの1.8Tも登場している。欧州仕様では、101psの1.9Lディーゼルも用意されていた。

4代目ゴルフの優れた品質を受け継ぐ

斬新に感じられたニュービートルに市民が見慣れた頃、2003年にスタイリッシュなカブリオレが登場。エンジンは1.6Lと2.0Lのガソリンが選べた。欧州では75psの1.4Lガソリンも追加となっている。

2005年にフェイスリフト。ホイールアーチのラインがシャープになり、ヘッドライトもデザインが新しくなっている。

フォルクスワーゲン・ニュービートル
フォルクスワーゲン・ニュービートル

中古車売買のウェブサイトを見ると、フォルクスワーゲン・ニュービートルの画像が愛らしい。実際より少し写りも良いようだ。

多くのクルマのインテリアは、年式の割には状態が良く見える。下半分が明るく、上半分が暗い2トーンカラーのダッシュボードやドアパネルのおかげで、車内も明るい。

販売店の話では、4代目ゴルフの優れた品質を、ニュービートルも受け継いでいるという。確かに、スイッチ類の作りはしっかりしているし、内装パネルがガタガタいったりもしない。

シートの座り心地も良い。明るいファブリックは、ジーンズのネイビーが移ってしまうけれど。

英国の中古車を探してみたが、走行距離が最も長かったのは、32万kmも走った1.9Lのディーゼル。英国では走行距離が長いことが珍しくないが、ほとんどのクルマが16万km以上走っているようだ。

リアシートの折りたたみ機能は標準装備。上位グレードにはアルミホイールやオートエアコン、ヒーター付きのレザーシートが付いてきた。

インテリアの一輪挿しに、花を添えるのを恥ずかしく感じる人は、ニュービートルに向かないかもしれない。多少目立っても構わないのなら、人とは違った4代目ゴルフの兄弟モデルとして、検討する価値はある。

 

人気記事