【フォードからロールス・ロイスまで】芸術的な英国のクラシック霊柩車 前編

公開 : 2020.05.10 07:20  更新 : 2020.12.08 11:04

サイドガラスを外すとルーフが重さで陥没

古く珍しいクルマのレストアは、数え切れないほどの挑戦に直面することになる。メカニカルな部品の構成はシンプルで、クラブが所有するストックで足りたという。

コルチナ最大の障害は、いくつかの部品がオリジナルから交換されていたことだった。レストアには、想像力と創造力も必要となった。

フォード・コンサルGT(1974年)
フォード・コンサルGT(1974年)

「金属や木製の部品の作り込みは良いとはいえず、パテや塗装でごまかしてありました。現在のリアデッキは床板材で作られていますが、剥がすのは簡単ではありませんでした」 ディーンが振り返る。

サイドガラスを外すと、ルーフの重みで陥没することもわかった。レストアを進める前に、手をつける部分を整理し、順番立てることが必要だった。

もう1台、彼らのコレクションに含まれるフォードが、1974年式のコンサルGT。エセックス工場製のV6エンジンを利用するリムジンや霊柩車を作る手段として、当時としては最も費用対効果に優れたモデルだった。

コーチワークを手掛けたのはコールマン・ミルン社。1953年、ジョン・コールマンとロデリック・ミルンがランカシャーに設立し、ロンドン・ダグナムへ霊柩車を納めるようになった。現在はメルセデス・ベンツを用いて製造している。

コールマン・ミルン社は、3種類のホイールベースと2種類のルーフ高を用意していた。この霊柩車は、フラッグシップの1例だといえる。運転手の他に、付添人3名も乗れる。

V6エンジンとATで走りはスムーズ

ベース車両がコーチビルダーのワークショップに着くと、ボディーはシャシーから分離。シャシーは、ホイールベースを長くするため延長された。

ボディは補強用の金属フレームが内側に入る、FRP製の一体型に置き換えられた。見た目はオリジナルのコンサルを保っているが、ダブルデッキと一段高いルーフを備えているのが特徴だろう。

フォード・コンサルGT(1974年)
フォード・コンサルGT(1974年)

道を走らせれば、名高いV6エンジンと滑らかなATの組み合わせで、とてもスムーズに運転できる。充分にスピードも出せるし、ハンドリングも良いから安楽だ。

サスペンションはコールマン・ミルン社独自の、レートを高めたもの。霊柩車の一部には、エアサスペンションを備えたものもあった。

このクルマをディーンとサンドラが所有してから、5年目になる。「クラブの会員から購入しました。彼は霊柩車を、ほかに4台も持っているんですよ」

「このコンサルが、どの葬儀社に属していたのかはわかりません。フロント付近に事故の修復跡が残っていますが、基本的にはオリジナルのままです。お金が許せば、再塗装をしたいところです」 と話すディーン。

運転席からフロントガラス越しに見る景色は、標準のコンサルGTと変わらない。だが、リアミラーを覗くと、すぐに何に乗っているのか思い出せる。ルーフは高く、ボディは長い。棺用のデッキが、肩の位置に広がっている。

この続きは後編にて。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

オースチンの人気画像