【詳細データテスト】 BMW 3シリーズ PHEVばなれしたハンドリング ランフラットタイヤが玉にキズ

公開 : 2020.07.12 08:50

操舵/快適性 ★★★★★★★★☆☆

シャシーの仕様選びに関して、現行3シリーズのラインナップには迷路のように困惑させるところがある。たとえば330eでは、パッシブのMスポーツサスペンションがオプションリストにも見つけられない。もっとも、これは330iや330dでも同様だ。

そのうえ、330eのタイヤは、1グレードを除いてランフラットだけ。テストしたMスポーツプラスパッケージ装着車は、19インチホイールとアダプティブサスペンション、可変ギア比スポーツステアリングが追加される。それでも、330iや330dに用意される、ランフラットではないパフォーマンスタイヤを選ぶことはできない。

3シリーズに期待されるシャシー性能や上質感はたしかにあるが、乗り心地には粗さもみられる。重量のあるPHEVの330eは、Mスポーツでなく、ランフラットタイヤを履かない仕様を選ぶのがベターだ。
3シリーズに期待されるシャシー性能や上質感はたしかにあるが、乗り心地には粗さもみられる。重量のあるPHEVの330eは、Mスポーツでなく、ランフラットタイヤを履かない仕様を選ぶのがベターだ。

330eでランフラットでないタイヤが装着されるのは、エントリーグレードのSEプロのみ。これに標準装備されるのは17インチで、パンク修理剤がついてくる。

ただし、330eの購入を検討したとき、そのややこしい仕様設定にあまり悩まされなくて済むのは、朗報といっていいのかもしれない。テスト車の乗り心地には、路面からの入力の遮断にわずかながら粗さがみられ、セカンダリーライドには気に障るところがある。完璧になめらかな舗装でなければ、タイトさがソワソワする動きを感じさせてしまうのだ。

このことから、重量がかさむプラグイン仕様の3シリーズでは、Mスポーツ系を選ばないほうがいいと思われる。とくに、上位グレードのMスポーツプラスは避けたい。

しかしながら、たいがいの道路で、ほとんどの場合、テスト車は3シリーズに期待される走りっぷりを示してくれた。ステアリングはシャープで、ハンドリングのバランスには思わず引き込まれる。ボディコントロールのタイトさはなかなかのもので、洗練性はじつに立派なものだった。

それでも、330eは装備を省いたグレードの方がむしろ有意義で、それは昔ながらの、3シリーズ・セダンの下位グレードのようだ。

たしかに今回のテスト車は、ロールのコントロールに優れ、ステアリングは鋭く、本質的にバランスがいい。俊敏で、走りに熱中でき、注目に値するクルマだ。

しかし、このレベルのトルクなら、駆動輪のタイヤ接地面がもう少し小さければ、より魅力的でアジャストしやすいハンドリングになるだろう。乗り心地に関しても、ホイールサイズを下げてサイドウォールの厚みが増えれば、改善がみられるに違いない。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事