【詳細データテスト】 BMW 3シリーズ PHEVばなれしたハンドリング ランフラットタイヤが玉にキズ

公開 : 2020.07.12 08:50

結論 ★★★★★★★★★☆

BMW330eは、カンパニーカーとしてみれば、税制変更でもっとも優遇される選択とはいえなくなった。3シリーズのハンドリングランキングでも、ラインナップ中でベストといえるものではない。

それでも、プラグインハイブリッドの小型セダンとしては、間違いなく傑出した選択肢だ。

ライバルの多くとは異なって、パワートレインのややこしさはうまく隠している。どれほどハードに走らせようとしても、どこまでもパワフルでバランスのいい後輪駆動セダンとして扱えるのだ。

スポーティなキャラクターに満ち、速さでこれを上回る3シリーズはほとんどない。また、これはこれで、ドライビングに熱中させてくれる。

とはいっても、これは静粛性のきわめて高い、超経済的な街乗りの移動手段という側面もある。BMWオーナーはそういう使いかたをしないかもしれないが、静かなキャビンで、燃費計の数字が改善されるのを見ながら走っても楽しめるクルマなのだ。

なによりもいいのは、単にスターターボタンを押してDレンジで走っても、じつに滑らかで普通だということ。走り志向のドライバーにこの手のPHEVセダンをすすめるなら、ほぼ無条件で330e推しだ。星9つという採点は、そういうことである。

担当テスターのアドバイス

リチャード・レーン

個人的に一番好みだったのは、スポーツモードでシフトパドルを使った走りだ。しかし、たとえハイブリッドモードでも、PHEVのドライバビリティによくみられるおかしな癖が出ることはまずない。本当に作動のなめらかなシステムだ。

マット・ソーンダース

いまもってランフラットタイヤがBMWの走りに問題を起こす原因になっているというのはおかしな話だ。330e Mスポーツを買うなら、無理にでもパフォーマンスタイヤに交換するようディーラーに頼むだろう。できない、といわれてもだ。

オプション追加のアドバイス

グレードはSEプロ、ホイールは標準の17インチがおすすめ。乗り心地にも経済性にも優れ、走りの楽しみも十分にある。1300ポンド(約18.2万円)のテクノロジーパッケージと1500ポンド(約21万円)のヴィジビリティパッケージは装着したい。

改善してほしいポイント

・デジタルメーターに、シンプルでクラシックな表示モードを用意してもらいたい。
・システムの最高出力を300psオーバーまで引き上げられないだろうか。
・専用サスペンションとランフラットでないタイヤ、プログレッシブなグリップレベルとフィールの豊かなステアリングを与えられたバージョンを設定されればいいのに。名称は、そう、330eSなんていかがだろうか。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事