【詳細データテスト】 BMW 3シリーズ PHEVばなれしたハンドリング ランフラットタイヤが玉にキズ

公開 : 2020.07.12 08:50

走り ★★★★★★★★★☆

330eのハイブリッドパワートレインは、ちょっとばかり慣れを必要とする。そのキャラクターは多面的で、シンプルに使えるクルマが好みだというなら、複雑すぎると感じるだろう。

そしてもし、その複雑さが少しでもしっくりこないとしたら、ただただこのクルマのベストな状態を体験できずに終わってしまうだろう。しかし、330eの大次元的な性格を試してみようという心構えができていれば、さまざまな異なる点で心から納得できるはずだ。

システムは複雑だが、使いこなせれば330eのさまざまな側面を堪能できる。ただし、走りを本格的に楽しみたいなら、マニュアルシフトを使うに限る。
システムは複雑だが、使いこなせれば330eのさまざまな側面を堪能できる。ただし、走りを本格的に楽しみたいなら、マニュアルシフトを使うに限る。

シフトセレクターに並んだ小さなボタンの列は、ほかの3シリーズならコンフォート/スポーツ/エコ・プロという走行モードが表示されている。だが、330eではスポーツのみが共通で、ほかは異なる文字が記されている。

初期設定はハイブリッドモードで、バッテリーが充電されているうちは、まず電力で走り出し、そのあとでエンジンとモーターをミックスして使う。

エレクトリックモードを選ぶと、ACモーターでもっと長く走ることができる。混み合った市街地で、多少の余裕があるパフォーマンスをみせるが、80km/hを超えると不足を感じさせはじめる。

スポーツモードでは、当然ながらスポーティさが増す。さらに用意されているのが、スロットルペダルをキックダウンスイッチが入るまで踏み込まなくても、唯一293psをフルに使えるエクストラブーストモードだ。これらのモードでは、ホットハッチ並みに速いだけでなく、パートスロットルでもレスポンスがじつにいい。

常に待ち構えているようなレスポンスのよさがもっともハッキリしているのは、ギアボックスのマニュアルモードを使ったとき。自ら選んだギアで走り続けるか、それをやめてシフトダウンするか、トランスミッションが判断する負担を軽減してやった場合だ。

このギアボックスは、これまでテストしてきた多くのプラグインハイブリッドのそれに比べ、総じて素早くギアを選び、その段を維持するのを上手くこなす。しかし、より330eの走りを楽しみたいなら、自分でギアを選ぶのが最善策だ。

もっともスポーティな状態なら、追い越し加速のためのトルクには余裕が感じられ、5000rpmを超えてもかなり鋭く回る。古きよきシルキーシックスのような甘美さはないが、グイグイ回り伸びがある感覚はかなりのものだ。

ブレーキペダルのプログレッシブさとフィールは、いまだに多くのハイブリッドで見劣りする分野だが、これもおおむね良好だ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事