【なぜそこまで尖る?】フォード・ブロンコ、ジープ的な戦略? ディフェンダーとは違う方向性? 日本正規販売は

公開 : 2020.07.19 05:50

尖る理由とは、単なるモデルではなく

では、フォードはなぜ、ブロンコをここまで尖った商品として仕上る必要があったのか?

背景にあるのは、SUV市場の成熟だ。

かつてのフォード・ブロンコとの比較。
かつてのフォード・ブロンコとの比較。    フォード

時代を振り返ってみると、初代ブロンコが登場した、いまから55年前の1965年。フォードはいまになって、初代ブロンコを「アメリカ初のSUV」と呼ぶ。

むろん、当時のユーザーにはSUVというカテゴリーの認識はなく、ブロンコはジープの対抗馬という位置付けだった。

それが90年代になり、アメリカでのSUVブームの前兆が見え始めると、ブロンコは単なるF150の2ドアSUVという中途半端な存在となってしまい、市場の中で埋もれた。

それから24年が経ち、SUV超激戦区となったいま、ブロンコを復活させるため、フォードとして戦略の中で2つの柱を立てる必要があったに違いない。

1つは、前述のように、徹底して目立つこと。見た目も、パッケージングも、そして走りもジープ「ラングラー」や、ランドローバー「ディフェンダー」と同じフィールドではないようなイメージの、異質感を具現化することが必然だったはずだ。

そのためにも、もう一本の柱として、ブロンコを単なるモデル(車種)ではなく、フォードとして新たなるブランド化する必要があった。

 

人気記事