【なぜマツダ、こんなにファンと関係近い?】ロードスターの存在 広島という土地柄 スバルとの違いは?

公開 : 2020.07.28 12:05  更新 : 2020.07.29 07:14

スバルとマツダ 似ていない?

経済メディアでは、マツダとスバルは企業として似ていると表現されることがある。

理由としては、トヨタなど大手と比べて企業サイズが小ぶりなので、ユーザーに対する目配せがしやすいといった観点を挙げられている。

スバルは技術優先のブランドイメージを社員とユーザーが共有している。
スバルは技術優先のブランドイメージを社員とユーザーが共有している。

筆者は長年に渡り、マツダとスバルそれぞれの本社と様々な立場で接してきたが、私見としては、両社の企業体質はあまり似ていないと感じる。

最も大きい要因は、地域性ではないだろうか?

マツダの場合、広島という存在が極めて大きい。社員の多くが、山陰・中国地方、または九州北部の出身で、広島に対する思い入れが強い。

また、広島の人々にとって、マツダは、広島東洋カープに代表されるように「マツダ=広島」という意識がとても強い。

そうした地元愛が、マツダに対するユーザーのロイヤリティ(忠誠心)につながっている。

一方、スバルは群馬県太田市という企業城下町はあるが、本社は長らく東京の新宿駅前にあり、近年は渋谷区恵比寿駅近くに移転。

スバルの従業員の出身は、関東地方各地に分散している。

そのため、地域性での繋がりというより、往年のWRC(世界ラリー選手権)や、近年のニュル24時間など、STI(スバル・テクニカ・インターナショナル)ブランドを筆頭とする、技術優先のブランドイメージを社員とユーザーが共有している。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事