第3世代のアウディTTのテストをキャッチ

2013.10.23

第3世代のアウディTTがニュルブルクリンク・サーキットおよび公道でテストしている風景をキャッチした。プジョーRCZ、BMW Z4、メルセデス・ベンツSLKなどのライバルになるモデルである。

ベースはフォルクスワーゲンのMQBプラットフォームで、FWDモデルおよび4WDモデルがラインナップされる。エンジンは、1.8ℓおよび2.0ℓのEA888型で、シリンダー・オン・デマンド・システムを備えたものだ。また、2.0ℓのディーゼルもラインナップに加えられる。

また2015年には、2.5ℓの5気筒ユニットを搭載するTT RSも加えられる。

スタイリングは、新しい6角形のグリル、角ばったヘッドランプ、輪郭が強調されたクラムシェル・ボンネットなどが特徴。また、リアにはスポイラーが取り付けられる。

アウディは現行のTTにオジリナル・モデルの要素を取り入れたいとAUTOCARに話していた。第一世代の与えた衝撃を取り戻したいと考えているようだ。

新しいアウディTTは、2015年のイヤー・モデルからで、そのデビューは2014年の末となっている。

 

人気記事