【詳細データテスト】BMW M2 ミドシップ勢に肉薄するハンドリング ハードでもしなやかな足回り 価格と重量には不満あり

公開 : 2020.08.29 11:50  更新 : 2020.09.05 00:00

結論 ★★★★★★★★★☆

M2 CSのようなクルマは、真っ正直な評価が通用しない。まずは事実に目を向けよう。

この最小Mモデルの集大成となるであろうマシンより、楽しさも実用性もエンジニアリングでも劣り、もっと普通の造りで、はっきりいってスペシャルではないのに、倍の価格を取っても文句をいわれないクルマは少なからず存在する。

結論:走りに熱中でき、限界域での走りも上々。日常使いでも扱いやすい。ただし、価格はやや高すぎる。
結論:走りに熱中でき、限界域での走りも上々。日常使いでも扱いやすい。ただし、価格はやや高すぎる。    OLGUN KORDAL

それでもM2 CSの評価を悩ませる原因が、これよりだいぶ低価格なM2コンペティションの存在にあることはいうまでもない。

ことサーキットでのパフォーマンスに限れば、この2台には明らかな差があるはずだ。しかし公道では、もっとわかりやすく有意義な改善を図るために、現状のCSに施した変更以上のことをしなければならなかった。おそらく、足りなかったのは重量の削減だ。

外乱の遮断という点では、驚くほどみごとにやってみせたし、大きな称賛を送るに値する。アジリティやコントロール、パフォーマンス、そしてステアリングフィールはますます高められ、すでに目覚ましいものがあったベース車をさらに上回った。

しかも、CSになっても、4つのシートと十分のサイズのトランクという、M2にもともと備わっていた実用性は損なわれていない。価格はともかく、クルマそのものは模範的なMモデルだ。

BMWは今後、前輪駆動化や電動化をますます進めていくことだろう。それでも次世代、さらにはその次の世代のM2が、そうした改竄を受けずに用意され続けてくれたなら、われわれは変わらぬ感謝の意をミュンヘンへと表していくつもりだ。

担当テスターのアドバイス

リチャード・レーン

M2 CSの価格は、あの完全無欠のM3 CSLの新車当時と同じような金額だ。もし、この2台からどちらかを選べといわれたら、悩みすぎて眠れぬ夜を過ごすことになるだろう。それはそれで、現実になったら嬉しいジレンマだが。

サイモン・デイヴィス

このM2 CS、できることもできないこともあるが、そのどちらもが好ましい。ハンドリングはケイマンのように緻密で複雑ではないが、わんぱくな感じがたまらない。

オプション追加のアドバイス

サーキット走行を考えているなら、カーボンセラミックブレーキとカップ2タイヤはほしいところ。そうでなければ、標準装備の鋳鉄ブレーキとミシュラン・スーパースポーツでも十分楽しめて、出費は抑えられる。ファビュラスなゴールドカラーのホイールは、ボディカラーを問わず装着できる。われわれとしては、低価格で楽しいMTを選びたい。

改善してほしいポイント

・M2 CSLの登場を強く希望。後席を取り去って、チタンのハーフケージを入れてほしい。
・ステアリングホイールのリムは、細く小径にしてほしい。
・この価格なら、カーボンセラミックブレーキは標準装備でもいいのではないだろうか。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事