【詳細データテスト】フォルクスワーゲンID.3 広いが質感不足の室内 過不足ない走り 総じて満足

公開 : 2021.04.11 20:25  更新 : 2021.05.01 16:07

快適性/静粛性 ★★★★★★★★☆☆

電動車に安心感を求めるユーザーがID.3を走らせたなら、フォルクスワーゲンに求める成熟度や洗練性を見出して、うれしく思うだろう。

郊外などの荒れた舗装では、ごくわずかに硬いエッジの立ったところをみせるのはすでに述べたが、乗り心地は穏やかで、外部からの入力に対してダンピングが効いている感覚だ。

エコタイヤを履いたEVでありながら、静粛性は高い。乗り心地は、路面が粗いとわずかに尖ったところをみせるが、おおむね穏やかだ。
エコタイヤを履いたEVでありながら、静粛性は高い。乗り心地は、路面が粗いとわずかに尖ったところをみせるが、おおむね穏やかだ。    LUC LACEY

風切り音やロードノイズは高速道路の速度域でも低く抑えられている。航続距離を稼ぐためにエコタイヤを履いたEVは、弊害として快適性が損なわれがちなので、これは喜ばしい。

テスト車のフロントシートは小ぶりでシンプル。少なくとも大柄で包み込まれるようなものではないのだが、十分に快適だ。どんな場合でも、横方向にこれ以上のサポートは必要ないだろう。

座面クッションの角度は、脚が長くてもしっかりサポートしてくれる。アジャストを追加できるオプションはないものの、ドライビングポジションはよくできている。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事