【ルノー5の高性能版】新型アルピーヌ「R5」 218psの電動ホットハッチ 2024年登場予定

公開 : 2021.07.05 18:45

アルピーヌは電動ホットハッチ「R5」を2024年に発表予定。次期A110やクーペスタイルSUVの登場も。

ルノーの高級EVブランドとして

text:James Attwood(ジェームズ・アトウッド)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

EVブランドとして生まれ変わるアルピーヌは、2024年にルノーの新型「5」の強化版に始まり、A110の後継モデル、さらにはグランドツアースタイルの大型車をデビューさせる。

アルピーヌはルノーの高級EVブランドと位置づけられ、3台の「ドリームガレージ」を準備している。

アルピーヌR5のレンダリング
アルピーヌR5のレンダリング    AUTOCAR

その中には、現在アルピーヌがロータスと共同開発している2人乗りのスポーツカー、次世代A110も含まれている。

また、2024年に登場予定のルノー5のハイパフォーマンス仕様「R5」もラインナップされている。5は、現行のゾエに代わるルノーの電動コンパクトハッチバックだ。

標準の5には、最高出力135ps(100kW)の電気モーターが搭載されるが、アルピーヌR5には、近日発売予定のクロスオーバー車メガーヌEテック・エレクトリックに搭載される最高出力218ps(160kW)のモーターが採用される。

ルノーのエンジニアリング部門の責任者であるジル・ル・ボルニュは次のように述べている。

「メガーヌに搭載する電気モーターを小型化することで、100kWのモーターを開発しました。同じ生産ラインを通すことができ、同じ技術を使用していますが、銅をはじめとする各要素が少ないため、短くなっています」

イメージ通りのアルピーヌを

218psの大型モーターが5のCMF-BEVプラットフォームに適合するかどうかを尋ねられたル・ボルニュは次のように答えた。

「最終的な答えは『イエス』です。なぜなら、わたし達はイメージ通りのアルピーヌ車を作りたいからです。アルピーヌR5ではよりスポーティになるので、トレッドを調整する必要があるでしょう」

クーペSUVと思われる第3のモデル
クーペSUVと思われる第3のモデル

アルピーヌは過去に、初代5のパフォーマンス仕様を生産していた。

公開されたシルエットのうち最も大型のものは、アウディeトロン GTや次世代ポルシェ・マカンのライバルとなるであろう、ややハイライドのクーペのように見える。

このモデルは、ルノーのCMF-EVプラットフォームを使用し、新型メガーヌ(クロスオーバー)のパフォーマンス仕様として導入される可能性がある。フロントアクスルにはメガーヌの218psのモーターを使用するが、ル・ボルニュは「リアには大きなサプライズがあるでしょう」と語った。

具体的な内容は明らかにしなかったが、同氏は次のように述べている。

「トルクベクタリングを行い、アルピーヌでイメージされるような、本当に素晴らしいハンドリング性能を実現したいと考えています」

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事