【詳細データテスト】メルセデス・ベンツEクラス・カブリオレ 実用4座 力強いエンジン 穏やかな走り

公開 : 2021.10.16 20:25

改良を受けたEクラス・カブリオレは、今や希少なフル4座オープン。新たに搭載されたエンジンは、パワフルながら洗練され、しかも低燃費で、ゆったりしたクルーズに最適です。まさしくキャラクターをわきまえたクルマでした。

はじめに

W213ことメルセデス・ベンツの現行Eクラスは2016年の登場時、メルセデス的には、これまでに生産したうちでテクノロジー的にもっとも先進的なクルマだった、ということになる。

それから5年を経て、このクルマがどのように歳を重ね、プラットフォームがどのように現在の環境に順応し、かつての先駆者が、ボンネットの下もキャビンもどれほどうまくアップデートして新鮮さを保っているのか、今回はそれを確かめたい。

テスト車:メルセデス・ベンツE300 AMGライン・ナイトエディション・プレミアムプラス・カブリオレ
テスト車:メルセデス・ベンツE300 AMGライン・ナイトエディション・プレミアムプラス・カブリオレ    OLGUN KORDAL

それは、シュツットガルトの高級車メーカーにとっても一大事だろう。なにしろEクラスは、彼らにとってのまさしくベストセラーカーで、グローバルなマーケットを見渡しても、最重要モデルのひとつに数えられるのだから。

このクルマが登場した5年前、メルセデスは最先端の運転支援技術と、最高レベルの高級感をここに投入した。半自動運転で車線維持をアシストするドライブパイロットの初期採用車種に、現行Eクラスも含まれる。また、インテリアに備わった伝統的な高級感や上質さで、これに追いすがろうというライバルもほとんどいないだろう。

このEクラスが、昨年ビッグマイナーチェンジを受けた。まずはセールスの主流となるセダンとワゴン、それから多少の間を置いて、ラインナップの中でもニッチなモデルが改良版へと移行した。それこそ、今や欧州でも希少種となった、比較的手頃で、大通りを流すような乗り方が似合う高級4座コンバーティブル、今回のEクラス・カブリオレである。

記事に関わった人々

  • 執筆

    マット・ソーンダース

    Matt Saunders

    英国編集部ロードテスト・エディター
  • 執筆

    イリヤ・バプラート

    Illya Verpraet

    英国編集部ライター

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

メルセデス・ベンツ Eクラスの人気画像