ジープ・コンパス 4xe Sへ試乗 マイナーチェンジでPHEV登場 悪路性能もキープ

公開 : 2021.12.28 19:05

人気のSUVカテゴリーへ投入された、PHEV版の新しいコンパス。価格価値に優れると、英国編集部は評価します。

コンパスにPHEVの4xeが登場

元祖オフローダーといえる、ランドローバー・ディスカバリーを生み出した英国。それでも英国人は、以前からアメリカ製のジープが好きだ。第二次大戦中のタフな活躍で定評を築いて以来、今でも比較的身近な存在になっている。

そんなジープに、システム総合240psのプラグイン・ハイブリッド(PHEV)を搭載したコンパスが登場した。マイナーチェンジでインテリアも一新し、これまでで最も暖かい歓迎を受けそうだ。

ジープ・コンパス 4xe S(英国仕様)
ジープ・コンパス 4xe S(英国仕様)

近年の英国では最も需要の多いCセグメントSUVに属するコンパスは、調子が良い。2021年のジープの販売台数のうち、22%を占めているという。今回のリフレッシュで、2022年には26%にまで伸びるだろうと同社は予測している。

その理由の1つは、英国へやってくるジープの生産拠点がインドからイタリアへ移されたこと。製造品質の向上が期待でき、クルマ自らの営業力が増すと考えられる。

加えて、4xe(フォーバイイー)と呼ばれるPHEV仕様が登場。オフロードに軸足をおいたトレイルホークと、都会派のSが選べるラインナップが後押しする。英国ではPHEVの販売数が前年比で2倍に増加しており、この上昇気流にコンパスも乗れるだろう。

180psの1.3Lエンジン+駆動用リアモーター

マイナーチェンジを受けても、ジープ・ライクな見た目はそのまま。充実した装備に競争力のある価格設定で、エントリーグレードから訴求力は高い。今回試乗したコンパス Sの英国価格は、4万895ポンド(約621万円)となっている。

ただしドイツや日本、韓国などの自動車メーカーも、このクラスのSUVには積極的に取り組んでいる。PHEVが選べるモデルも少なくないから、良く比較はしたいところ。

ジープ・コンパス 4xe S(英国仕様)
ジープ・コンパス 4xe S(英国仕様)

見た目は、マイナーチェンジ前との識別はそれほど難しくない。フロントマスクの変化がわかりやすいと思うが、7本に別れたフロントグリルは従来どおりだ。

2022年仕様のコンパスは、英国では4グレードが展開される。エントリーグレードになるのがナイトイーグルで、その1つ上に据えられるのがリミテッド。

どちらも前輪駆動となり、130psを発揮する1.3L 4気筒ターボガソリンに6速MTが組み合わされる。英国価格は2万9895ポンド(約454万円)から。

PHEVで四輪駆動となるのが、トレイルホークとS。内燃エンジンはナイトイーグルなどと同じ1.3Lながら、最高出力は180psへ増強される。そこに駆動用モーターがリアタイヤ側に組み合わされ、システム総合で240psとなる計算だ。

トレイルホークの英国価格は、3万9895ポンド(約606万円)へ上昇する。トランスミッションは、6速ATが搭載される。

記事に関わった人々

  • 執筆

    スティーブ・クロプリー

    Steve Cropley

    AUTOCAR UK Editor-in-chief。オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事