ここ数年で1番の運転する喜び モーガン・スーパー3へ試乗 スリーホイラーの後継 後編

公開 : 2022.07.02 08:26

英国伝統のモーガンから、最新の3輪スポーツが登場。運転する喜びの豊かさを、英国編集部は高く評価します。

クラシカルでありながら未来的な雰囲気

モーガン・スーパー3のボディサイズは、従来のスリーホイラーよりひと回り大きい。それでも全長は3581mm、全幅は1840mm、全高は1132mmと充分小さい。

キャビンまわりは、IP64水準の防水性が与えられ、砂漠や雨の日のドライブにも対応。シートの表皮は、バイクのシートにも用いられるビニールレザーで覆われた。

モーガン・スーパー3(英国仕様)
モーガン・スーパー3(英国仕様)

ドアはないが、アルミ製のサポートへ足を乗せれば、乗降時に汚れた靴でシートを踏む必要はない。シートは固定式で、ダッシュボード下のケーブルを引くと、ペダルボックスが前後にスライドする。

ステアリングホイールは、上下方向のチルトと、前後方向のテレスコピックが調整できる。もしデザインが気に入らなければ、ステアリングホイール自体は6種類から選べるという。

中央に2つ並んだ、丸く小さなメーターはモニター式。表示はクリアだ。小ぶりなエアロスクリーンが、前方に2枚並ぶ。大きなフロントガラスにするとワイパーが必要になるため、これ以外は用意されていない。

スーパー3はクラシカルでありながら、どこか未来的な雰囲気で、筆者はとても気に入った。陽光を反射するボディには、景色も映り込む。穏やかな水面のように。

ボディカラーは、試乗車のシルバーだけでなくイエローなども選べる。AUTOCARではグレーやシルバーなどモノクロを好む傾向にあるが、クラシカルなスーパー3の場合は、ソリッドで鮮やかな色の方が似合いそうだ。

喜びの塊といえるドライビング体験

確認はこのくらいにして、発進させてみよう。スーパー3は、まさに喜びの塊。試乗車にはオプションのスポーツエグゾーストが装備され、サウンドも一層楽しい。スターターボタンを押して3気筒エンジンを目覚めさせたら、鮮烈な破裂音も放たれた。

ペダル類の感触は素晴らしく、パワーアシストの付かないステアリングホイールはダイレクト。ロックトゥロックは2.5回転と適度にクイックで、反応はリニアだ。

モーガン・スーパー3(英国仕様)
モーガン・スーパー3(英国仕様)

低い速度域でも乗り心地は良好で、直進安定性にも優れる。エンジンのレスポンスも、ドライバーの意図した通り。低回転域からたくましく、635kgという軽いボディを力強く押し出す。レブリミットは7000rpmだが、そこまで回す必要はないだろう。

シフトレバーのストロークは長いものの、滑らか。ブレーキペダルの剛性感も高く、モーガンが操作系の重み付けを理解していることを実感する。他社にも真似して欲しいと思うほど。

試乗場所はモーガンの拠点がある、バーミンガムの南に位置するウスターシャー州。エンジンを吹け上がらせ、シフトアップとシフトダウンを繰り返す。コーナーの出口でフルスロットルを与えれば、痛快な轟音が響き渡る。

自然吸気3気筒エンジンの最高出力は119psと控えめながら、0-100km/h加速は7.0秒でこなす。短い直線とカーブの連続が気持ちイイ。といっても、速度域は60km/hから80km/hほどだが。

記事に関わった人々

  • 執筆

    マット・プライヤー

    Matt Prior

    英国編集部エディター・アト・ラージ
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

ここ数年で1番の運転する喜び モーガン・スーパー3へ試乗 スリーホイラーの後継の前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

おすすめ記事

 

モーガンの人気画像