海外試乗

2018.06.21

新型レクサスRX 450hLプレミア 試乗 欧州初の7人乗り 明確な強みに欠ける

レクサスRX 450hLプレミア

テスト日 : 2018年6月5日

価格 : 6万1995ポンド(929万円)

文・サイモン・デイビス 

編集部より

3列目が追加され、7人乗りのプレミアムSUVとしてハイブリッドだけではない魅力を得たレクサスRX。優れたライバルも多い中、英国の道で、その仕上がりと競争力を確かめました。

もくじ

どんなクルマ?
レクサスの7人乗りモデルは欧州初
どんな感じ?
3列目はあくまでも子供向き
タウンスピードなら洗練され快適
「買い」か?
明確な欠点があるわけではないけれど
スペック
レクサスRX 450hLプレミアのスペック

どんなクルマ?

レクサスの7人乗りモデルは欧州初

約20年に渡り、270万台を販売し、主要モデルは4世代目へと突入しているレクサス。この新しいRX 450hLは、レクサスでは初めての7人乗りの大型SUVとして登場した。加えてヨーロッパ圏では、インフィニティなどを含む日本の高級車メーカーとしても、初の7人乗りモデルでもある。

価格は5万995ポンド(764万円)からで、ボルボXC90やBMW X5、アウディQ7などといった、7シーターのプレミアムSUVにカテゴリー分けされる。トヨタとしては、ライバルモデルよりも煮詰められたハイブリッドシステムを搭載した7人乗りモデルとして、プレミアムファミリーとでも呼ばれるような、富裕層に向けてアピールしたい目論見。

通常モデルのRXから、リアオーバーハング部を110mm延長したボディを持つRX L。全長はちょうど5000mmとなった。加えてリアガラスの角度も若干立てられ、3列目のヘッドルームを稼いでいる。

5シーターモデルと同様に、3.5ℓの自然吸気V6エンジンと電気モーターが組み合され、前輪のみを駆動。さらに2基目のモーターが後輪を駆動することで、レクサスRX 450hLは4輪駆動となっている。エンジンとモーターの複合によるシステム最高出力は312psとなり、0-100km/h加速は8.0秒とまずまず。

競合モデルも少なくない中、仕上がりが気になる。

 
最新試乗記