海外試乗

2019.02.15

長期テスト ホンダ・シビック(最終回) 往年のホンダらしい1台

ホンダ・シビック1.0 VTEC SR

編集部より

ホンダ・シビックの長期テストもいよいよ終わりを迎えました。タイプRと見間違えるようなアグレッシブなルックスに対してエンジンはやや物足りない部分もあるものの、往年のホンダ車のようなスポーティな一面も持ち合わせています。

もくじ

積算8568km 独特だが徐々に慣れるスタイリング
物足りないエンジンや燃費
往年のホンダらしい 一押しモデル
気に入っている点/気に入らない点
テストデータ

積算8568km 独特だが徐々に慣れるスタイリング

ホンダは欧州の強豪に負けない、信頼性の高いファミリーハッチを作り上げることができたのだろうか。

古いモータースポーツの格言に次のようなものがある。「計測しなければわからない改善は、改善ではない」これは今回テストしたシビックにも当てはまった。一度乗れば、ほとんどあらゆる点で進化を果たしていることがわかったのだ。

しかし、当初多くのひとにとって最も興味を引いたのは、その派手派手しいスタイリングだったようだ。はじめはわたしも醜いと思い、特に夜近づくことができないほどだった。しかし、時がたつにつれて愛が芽生え始めたのだ。

この赤いボディと黒いアロイホイールは抜群の組み合わせで、129ps、1.0ℓ3気筒エンジンを搭載する中間グレードのSRだったにもかかわらず、タイプRかと聞かれることもしばしばだった。若いひとびとほどこのスタイリングを好ましく思っているようで、ホンダにとっても喜ばしいことだろう。

next page物足りないエンジンや燃費

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ