[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

マイナーチェンジ フォルクスワーゲン・パサート・オールトラック2.0に試乗

2019.10.19

100字サマリー

アップデートを受けた8代目パサートの中でも、一番のルックスの良さを持つのがクロスオーバーのオールトラック。優れたアピアランスに匹敵する、スマートな走りにはあと一歩及ばないようです。英国の一般道で評価しました。

もくじ

4年目を迎えた8代目VWパサート
パサートワゴンの中で一番のハンサム
エンジンや乗り心地の磨き込みにやや不満
ライバルモデルの完成度は低くない
フォルクスワーゲン・パサート・オールトラック2.0 TDI 190 4モーションDSGのスペック

4年目を迎えた8代目VWパサート

text:Richard Bremner(リチャード・ブレンナー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
2015年に発表された8代目となるフォルクスワーゲン・パサート。4年目を迎え、かなり控えめだが、アップデートを受けた。

車高が僅かに高められ、4輪駆動システムを備えるエステート、オールトラックがパサートに登場したのは先代が現役だった2010年。豊富な積載量に程々のオフロード性能を備え、ボルボではクロスカントリーが、アウディではオールロードクワトロが、それぞれ人気を得ているタイプのクルマだ。

フォルクスワーゲン・パサート・オールトラック2.0 TDI 190 4モーションDSG
フォルクスワーゲン・パサート・オールトラック2.0 TDI 190 4モーションDSG

2019年版では、排気ガスに含まれる微粒子を吸着するパティキュレート・フィルターが標準装備となり、ヘッドライトとテールライトがLEDとなった。最大209km/hまで部分的に自律運転をしてくれるトラベルアシストも標準で全モデルに採用されている。

アダプティブ・クルーズコントロールには、最高速度の道路標識を読み込んで動作する機能が追加。スイッチやアクセルペダルでスピードを乗せることも可能だが、次の標識が出てくると自動的にその速度に設定し直される。高速道路などでは実環境にそぐわないと感じる場面もありそうだ。

インテリアにはフディスカバー・インフォテインメント・システムを装備。モニターは8インチのタッチパネルとなっている。ケーブルなしでスマートフォンと連動でき、アップル・カープレイやアンドロイド・オートを利用できるようになった。新しいパサートを選ぶなら、スマートフォンも新しい機種を持っていた方が機能を享受できることになる。

 
最新試乗記